JP
JP EN

キッズエリア「KIDS CLUB」

子供だってサマソニを楽しみたい!サマソニのキッズエリア「KIDS CLUB」は今年も充実!
人気のKIDS DISCOに加え、あそび歌、ダンスワークショップなど親子で楽しめるコンテンツが盛りだくさん。授乳室やおむつ替えコーナーも用意していますので、小さなお子様連れのお客様もご安心ください。

タイムテーブル

■20日(土)
14:00-14:30 ケロポンズ
16:30-17:30 KIDS DISCO / DJ JETAMAN

■21日(日)
13:00-13:40 KIDS DISCO / DJ JETAMAN
14:00-14:30 りゅうぞう&すかんぽ
15:00-16:00 DANCE WORKSHOP / DJ JOMMY & DAISAKU

出演者紹介
  • 8/20 14:00〜出演

    ケロポンズ

    あそびうた、体操、歌とストーリーが⼀体となったミュージックパネル等で構成される親⼦コンサートや、保育⼠・幼稚園の先⽣を対象とした保育セミナーを全国で⾏う。育児雑誌や保育雑誌にこどもとのふれあい遊びや体操の紹介記事を執筆、楽曲・振付の提供、絵本の創作等も⾏う。
    CD・DVD・書籍・雑誌等に収録される、作詞・作曲を⼿掛けた歌やあそびうた・考案したあそびは1000作品を超える。代表作「エビカニクス」のYouTube動画再⽣回数は2017年11⽉に3,000万回を突破。2008年よりNHK「おかあさんといっしょ」に楽曲提供、2009年よりBS⽇テレ「それいけ︕アンパンマンくらぶ」に出演、2013-14年くまモンに楽曲・振付提供、2013年より5年連続でフジロックフェスティバルに出演。

  • 8/20 16:30〜,8/21 13:00〜出演

    DJ JETMAN

    KIDS DISCO

    保育現場を長年経験し現在は、保育園園長を務めるMASARI先生と二児のパパでもあるDJ JETMAN ことD大工マン。⼦育て⽀援センター、親⼦サークル、⼤型ショッピングモールなど、全国の⼦どもたちに、ジャンルに左右されず、⾳楽に触れる楽しさを⾝体全体で味わうという、リトミックの要素を取り⼊れ、保育園や幼稚園などに訪問するなど幅広く活動する。また、全国で開催している⾳楽フェスティバルでは、GREENROOMFESTIVALをはじめ、SUMMER SONIC、SUNSET LIVE 等、KIDS DISCOを⾳楽フェスのKIDS AREAで展開し、多くの家族が⾳楽に親しみを感じながらストレスなく⾃然と⾳楽に触れることを提供している。

  • 8/21 14:00〜出演

    りゅうぞう&すかんぽ

    【りゅうぞう】
    保育園勤務を経て、2015年よりあそびダンス作家として親⼦コンサート、保育⼠向けセミナーに出演。2019年〜FUJI ROCK FESTIVAL、キッズステージに出演。代表作『へそベリーちゃん』はYoutbe再⽣回数400万回を突破。

    【すかんぽ】
    2015年に結成。熊本県在住の⼊江浩⼦と、⼭梨県在住の川崎ちさとの現役保育⼠あそび歌ユニット。A1あそびうたグランプリ、グランプリに輝いた「カワクボメガネ」のメンバーでもある川崎ちさとと、優秀曲に⼊選した⼊江浩⼦の⽣み出す楽しいあそびうたやダンスは、⼤好評!代表曲「ザリガニチョッチン」Youtube再⽣回数は100万回を超える。

  • 8/21 15:00〜出演

    DJ JOMMY & DAISAKU

    DANCE WORKSHOP

    2019年のSUMMER SONICでのKIDS AREAにて、子どもたちのダンスレッスンを担当
    このユニットを組み、グリーンルームやSUMMER SONICなどのキッズステージにて出演する。

    JOMMY (PKCZ®)
    音楽、ファッション、アートなど多彩なカルチャーに精通する“TOKYO”ストリートムーブメントの象徴的存在として活動。ルーツは、10代から身を置いたストリートダンス・シーン。ダンスはもちろんのこと、90年代以降のクラブ・ミュージックをリアルタイムに体験し、ハイセンスな音楽性とファッション的感性を磨き上げた。その絶対的な核を時代ごとにアップデートさせ、様々なパーティでバリエーション豊富なサウンドをプレイ。ヒップホップ、ハウス、ニューディスコ、さらには最前線のトラップやベースミュージックまでを操る。2018年以降は世界で同時進行的に盛り上がりを見せたハウスやテクノの新しい波をいち早く吸収。ミニマルな展開と深いグルーヴでオーディエンスを陶酔させるテックハウスを軸にプレイし、日本はもとよりアジア圏でテックハウス・ムーヴメントの旗手として注目されている。現在は渋谷・VISIONで毎月第一金曜日に開催中のハウス・ミュージック・イベント『EDGE HOUSE』をDJ DARUMA(PKCZ®)とともにプロデュースするなど、次なるシーンを牽引している。

    DAISAKU
    15歳よりダンスを始め、90年代HIP HOP STYLEをベースに今なおオリジナルスタイルを追求し、メジャーシーンとアンダーグラウンドの両ステージで活動するダンサー。ニュースクール世代にムーブメントを巻き起こした「DIGITAL JUNKEEZ」として活躍。遊助PV バックダンサー、童子-T バックダンサー、小室哲哉PVなど、数多くのステージやPVに出演。現在は、ダンサー活動と並行し、写真家としても活躍中。

BACK