サマソニ東京の新ステージ、PACIFIC STAGEの出演者を発表!

2022.05.19

SUMMER SONIC

いよいよ来週末にチケット一般発売日をむかえるサマソニですが、サマソニ東京の全メインステージの全貌をお伝えさせていただきます。国内のみならず世界でも活躍しているアーティストに加え、現在海外フェスでも注目されているアジアのアーティストなどもラインナップする「PACIFIC STAGE」の発表です。

海外からの入国に関して緩和に向けたニュースも増える中、2019年までのRAINBOW STAGEというネーミングからアップデートしたこの世界発信のステージは必見です。

 

8/20(土)のヘッドライナーとしては、ソロ活動20周年、圧倒的なライブ・パフォーマンスを誇り他に代わりのいないアーティストとして世界中の観客を魅了し圧倒し続けている HYDEがPACIFIC STAGEの初日に決定しました。そして老若男女問わずフロアにいる全ての人々を踊り狂わせてしまう圧倒的なライブ・パフォーマンスが魅力の Fear, and Loathing in Las Vegasと、全員メイドの見た目とは相反するハードなロックサウンドでUS TOURも決定しているBAND-MAIDが参戦。

さらに”BanG Dream!(バンドリ!)”プロジェクトから生まれた5人組ガールズバンドで、ロック・シーンでも見逃せない実力を発揮しているRAISE A SUILENに加え、独創的で儚さを感じさせる詞世界がリスナーの心を捉えて離さないスリーピースバンドのリーガルリリーが登場。

海外勢としてはジャンルレスに様々な表情を見せる多彩な楽曲が高く評価され、海外の大規模フェスにも出演し受賞歴も多数の絶大な人気を集める男女4人組バンドWONFU。そしてTOMORROW X TOGETHERとのコラボ曲でK-POPファンの注目を集め、GRAMMYs Global Spinのパフォーマンスでも話題をさらった新進の韓国出身バイリンガルシンガーSeoriが初日のPACIFICを盛り上げます。

 

8/21(日)のPACIFIC STAGEのヘッドライナーには、近年発表した「Any song」が国内外で社会現象になるほどの人気を巻き起こし、韓国HIP HOP界トップクラスのラッパーでありプロデューサーのZICOに決定しました。そしてこの日同ステージでのCLOSING ACTを務めるのは、ライブでのエモーショナルなパフォーマンスが魅力のシンガーソングライター、CMやドラマ出演などマルチな活躍も注目の岡崎体育が登場。

さらにコーチェラ 2022に出演したことも記憶に新しい、今年はワールドツアーも開催が決定しているきゃりーぱみゅぱみゅがサマソニ大阪に加えて東京にも出演決定!

また台湾で大人気のラッパー/SSW/プロデューサーであり、既に¥ellow Bucks、倖田來未、さなり、eillなど国内の実力派アーティストともコラボレーションを果たしているØZIが貴重な来日を果たします。

そこにBMSGに第一弾アーティストとしてデビューし、メジャー1stアルバムが各チャートで日本1位を獲得し、その存在感を確かなものにする一方でトップメゾンのモデルに起用されるなど全方位から注目を集めるNovel Core、さらに各々がカルチャーやファッションなど様々なジャンルで活躍する、ラッパー、DJ、ビートメーカー、フィルムディレクターからなる東京出身のヒップホップクルー、KANDYTOWNが登場。

Wanna One出身で洗練されたダンスパフォーマンスと唯一無二の歌声を有するソロアーティスト、1stフルアルバムの発売もアナウンスされたばかりで今後が見逃せない KANGDANIELに加え、オールメディアプロジェクト・ラブライブ!シリーズの4作目となる 『ラブライブ!スーパースター!!』に登場するスクールアイドルグループ・Liella!がサマソニ初出演となります。

 

 

サマソニコアファンはお気付きかもしれませんが、既に8/21(日)の東京プラチナチケットが早々にSOLD OUTになったりと、皆さまからの3年振りにカムバックするサマソニへの期待値もあり、例年より発表のスピードも含めて全てが足早に動いています。先行期間中でも予定枚数に達し次第受付終了となりますので、気付いた時にチケットが無い!といった事がないように、来週末の一般発売日前にお早めにチケットプレイガイドへアクセスしてください。最新ニュースをチェックできるSNSのチャンネル登録もお忘れなく!

そして3ヶ月後の今日は、まさに日本最大のオールナイトフェス:ソニックマニアの本番日!来週にはそのソニマニの追加アーティストの発表に加え、サマソニでの追加アーティスト/コンテンツの発表も控えておりますので、そちらの発表もお楽しみに!

BACK