THE 1975


【SUMMER SONIC 2019 TOKYO LIVE Report 】
8/16 (FRI) 18:05〜 MARINE STAGE
 

4万人を魅了した、スタジアム級バンドとしての底力

 

朝から続いた強風も徐々に止み、日が沈み始めた夕方のMARINE STAGE。アリーナはもちろん、スタンドも2階席が埋まり立ち見が続出するほど多くの観客が集まり 、The 1975の登場を待ちわびていた。定刻になり、長方形のLEDライトとドラムセットだけの、シンプルなステージが暗転。オープニングSEとして昨年発売した3枚目のアルバム『A Brief Inquiry into Online Relationships』の1曲目「The 1975」が流れ終わると、メンバーがステージに登場した。
 

オーディエンスの歓声を切り裂くようにギターのフィードバックが鳴り響くと「Give Yourself a Try」でライブをスタート。アグレッシヴにステージを駆け回るフロントマンのマシュー・ヒーリーに呼応するように、会場は異様なほどヒートアップする。興奮冷めやらぬまま、ステージにはダンサー2人が登場。カラフルな映像演出の中、2曲目の「TOOTIMETOOTIMETOOTIME」へ突入した。曲が終わると「乾杯!」と言いながら、おもむろに日本酒のボトルを掲げ、ラッパ飲みするボーカルのマシュー。一挙一動に湧き上がる歓声は、アイドル顔負けの人気っぷりだ。
 

ライブが進むに連れ暗闇が深まる中、ステージは美しい照明と映像包まれる。計算しつくされた完璧な視覚演出に加え、バンドとしての桁違いの表現力に言葉を失ってしまう。ゴスペル調のアレンジが心地よい「Sincerity Is Scary」ではマシューがPVと同じ帽子をかぶり、タバコを吸いながらおどけた表情をみせ、「I Like America & America Likes Me」では観客席に身を乗り出して熱唱。「Love It If We Made It」では、大きく腕をかかげながら鬼気迫る表情でシャウトを続けるなど、楽曲の世界感にあわせ喜怒哀楽を表現するステージングは、圧巻の一言。ラストナンバー「The Sound」では、マシューの合図につられオーディエンスが一体となり、会場が揺れるほどのジャンプを見せた。
 

2013年、デビュー前のサマソニ初出演から来日を重ねるごとにそのスケールが大きくなっていった彼ら。今や海外フェスのヘッドライナー常連となった彼らが、スタジアム級のバンドとしての実力を証明してみせたステージだった。
 

Set List
The 1975(SE)
Give Yourself a Try
TOOTIMETOOTIMETOOTIME
She’s American
Sincerity Is Scary
It’s Not Living (If It’s Not With You)
I Like America & America Likes Me
Somebody Else
I Always Wanna Die (Sometimes)
Love It If We Made It
Chocolate
Sex
The Sound
 

(Text by Takamasa Yamashita)