PSYCHEDELIC PORN CRUMPETS

【SUMMER SONIC 2019 TOKYO LIVE Report 】
8/16 (FRI) 15:20〜 RAINBOW STAGE
 

超絶グルーヴで大気圏を突破!

 

昨年のSONIC STAGEで大トリを務めたテーム・インパラと同じ豪州パース出身ということで、サイケデリック・ロック・ファンの間では「2019年のダーク・ホース」として期待値を高めていたPPC。なぜかビースティ・ボーイズの「Intergalactic」と共にステージへ現れた彼らだが、7月にリリースされた最新アルバム『ワッチャマコーリット』から「Hymn For A Droid」で幕を開けた日本初ライヴは、とにかく「ヤバイものを見た!」の一言に尽きる。むさ苦しいほどの長髪(サポート含めメンバー4人全員ロン毛)を振り乱しながら歌うその気迫といい、ヴォーカルと執拗なまでにユニゾンする超速トリプル・ギターといい、そしてハード・ロックもプログレもメタルもゲーム・ミュージックも闇鍋にブチ込んだサウンドといい、それらすべてを引っくるめて大気圏を突破していくようなグルーヴがもう圧巻。過去作からの「Gurzle」や「Found God in a Tomato」で披露したジャム・セッションは永遠に浴びていたいほど気持ちよかったし、その一糸乱れぬ演奏には共同生活で培ったある種の「ストイックさ」を感じさせる瞬間も。次回はぜひ、単独公演でじっくり堪能してみたいものだ。

 
●Set List

1. Hymn For A Droid
2. Bill’s Mandolin
3. Gurzle
4 . Surfs up
5. Found God in A Tomato
6. Social Candy
7. Buzz
8. Cubensis Lenses
9. Cornflake

 

(Text by Kohei UENO)