MICHAEL MONROE

MICHAEL MONROE

フィンランド・ヘルシンキ生まれのロック・ミュージシャン。地元のバンドでサックス奏者として活動後、ヴォーカリストへ転向して80年にハノイ・ロックスを結成。81年にデビュー・アルバム『白夜のバイオレンス』をリリースすると、荒々しいギター・リフと切ないメロディ、グラマラスなルックスが話題となり世界中で高い人気を得る。84年には初の全米ツアーを開始するが、メンバーの死去や脱退により85年に解散。87年にソロ・デビュー。90年代には別バンドを組むが、2002年からハノイ・ロックスを復活させ、「SUMMER SONIC 2002」にも出演を果たし入場規制がかかるほどの熱狂を巻き起こす。しかしバンドは2009年に再び解散を迎え、翌年、自身の名を冠した新バンドを結成。2017年にはソロ・キャリア30周年を記念し、『ナイト・アー・ソー・ロング』から2017年までの新曲/未発表曲全29曲を収録したベスト・アルバム『ザ・ベスト』をリリースした。マイケル・モンロー名義でのサマソニ出演は2010年以来、実に9年ぶりとなる。