MACHINE GUN KELLY

MACHINE GUN KELLY

オハイオ州クリーブランド出身のMGKことマシン・ガン・ケリー(本名:リチャード・コルソン・ベイカー)は2006年16歳の時に初のミックステープをリリース。その後4枚のミックステープを発表し2011年に名門Bad Boy/インタースコープと契約。翌2012年にはBad Boyの総帥、ショーン・“パフィ”・コムズをエグゼクティブ・プロデューサーに迎えリル・ジョン、DMX、トゥイスタ、バン・Bら大御所ゲストが参加した1stアルバム『Lace Up』をリリース。「Wild Boy」「Invincible」「Stereo」「Hold On (Shut Up)」などのシングルを収録した本作は全米R&B/Hip-Hopアルバム・チャート初登場2位、総合でも4位を記録。2015年、シングル「Till I Die」と「A Little More」に続いて2ndアルバム『General Admission』を発表。R&Bやロックの要素も内包した前作よりダークなテイストの本作は全米R&B/Hip-Hopアルバム・チャート初登場1位(総合4位)となる。2016年10月、カミラ・カベロをフィーチャーしたシングル「Bad Things」(プロデュースはザ・フューチャリスティックス)をリリースすると、翌年2月に全米シングル・チャート最高4位という自身最大のヒットとなり、Billboard Music AwardsではTop Rap Collaborationにノミネート。5月にはこの曲を収録した3rdアルバム『Bloom』をリリースし全米アルバム・チャート8位を記録。

2018年にはエミネムやG・イージーらとビーフを繰り広げるなど超攻撃的なMCとしての一面も持つ。また、キリっとしたシャープなルックスを活かしてモデルとしての活動に加え、2014年の映画『Beyond The Lights』を皮切りに、最近でもNetflixで放送されたモトリー・クルーの伝記映画『ザ・ダート: モトリー・クルー自伝』でトミー・リー役を演じ、俳優としても活躍するマルチな才能を開花させている。