ZEDD

ZEDD

本名:アントン・ザスラフスキ。ドイツ出身。
2013年2月にアルバム『クラリティ』で日本デビューを飾った。レディー・ガガが絶賛したことから一気にその名を世に知らしめ、「スペクトラム feat. マシュー・コーマ」や「クラリティ feat. フォクシーズ」は世界中で大ヒットを記録。特に「クラリティ feat. フォクシーズ」は全米シングル・チャートでトップ10入りを果たし、2014年のグラミー賞では「ベスト・ダンス・パフォーマンス賞」を受賞した。2014年には『SONICMANIA』に出演、入場規制がかかるほどの盛り上がりを見せた。自身の楽曲のみならず、アリアナ・グランデやレディー・ガガ等の楽曲プロデュースでもそのクオリティは”ゼッド・ブランド”として確立、高く評価を受けている。そんなゼッドの第2章がアルバム『トゥルー・カラーズ』で幕を開け、このアルバムを引っ提げて行った来日公演は(2016年1月)は、2日間で3万人を動員。その後、ゼッド&アレッシア・カーラ「ステイ」やゼッド、マレン・モリス、グレイ「ザ・ミドル」などの大ヒット曲をリリースし続ける、世界のDJ/プロデューサーだ。