TWO DOOR CINEMA CLUB

TWO DOOR CINEMA CLUB

T北アイルランドのバンガー/ドナガディーを拠点とする3人組。疾走感あるギターとエレクトロポップの華やかさが散りばめられたサウンドが特徴で、2010年にフランスの人気レーベル〈Kitsuné〉からリリースされたデビュー・アルバム『Tourist History』はUKでプラチナ・ディスクに輝き、全世界で100万枚以上のセールスを記録。同年、サマソニに初登場を果たす。2012年リリースの2ndアルバム『Beacon』はアイルランド・チャートで1位、UKチャートで2位を獲得し、アメリカでも17位のスマッシュ・ヒット。ロンドン五輪の開会式では、総合監督を務めたダニー・ボイルの熱烈なオファーによりフロントマンのアレックス・トリンブルが出演、名実ともにUKロックを代表するバンドとなる。大手パーロフォンへの移籍作『Gameshow』(2016年)を経て、6月14日には名匠ジャックナイフ・リーと再タッグを組んだ通算4作目のアルバム『False Alarm』のリリースが控える彼ら。単独での来日回数も多く、サマソニ出演は今年でなんと5回目となるが、UK&ヨーロッパ・ツアーを経て脂の乗り切ったパフォーマンスを見せてくれるだろう。