THE CHAINSMOKERS

THE CHAINSMOKERS

ドリュー・タガート/Drew Taggartとアレックス・ポール/Alex Pallからなる2人組。2016年、全米チャートにおいて「ローゼズ feat.ロゼス」が最高6位、「ドント・レット・ミー・ダウン feat.デイヤ」が最高3位まで上昇し、さらに「クローサー feat.ホールジー」では同年最長記録の12週連続1位を獲得するだけでなく、<サマーソニック2016>初出演&初来日を果たす。2017年には第59回グラミー賞<最優秀ダンス・レコーディング賞>を「ドント・レット・ミー・ダウン」で授賞し、<最優秀新人賞>にもノミネート。また、「パリ」、コールドプレイとのコラボレーションによる「サムシング・ジャスト・ライク・ディス」、さらに「クローサー」のロング・ヒットによって、デュオ/グループとして史上3組目となる全米チャート3曲同時トップ10入りを果たす。そして、同年4月にリリースした初のフル・アルバム『メモリーズ...ドゥー・ノット・オープン』がアメリカや日本を含む世界約70カ国のiTunesで即日1位、全米週間総合アルバム・チャート<ビルボード200>初登場1位を獲得し、9月には<ULTRA JAPAN>にヘッドライナーとして初出演も果たす。

2018年には1月~4月の4か月連続で「シック・ボーイ」や「エヴリバディ・ヘイツ・ミー」をリリースすると、6月には東京・大阪で初の大型ヘッドライナー・ツアーを開催し、3万人を動員。そして、再び7月~12月の5か月連続で「サイド・エフェクツ」や「ディス・フィーリング」のシングルをリリースすると、12月にはこれら全10曲を収録したセカンド・アルバム『シック・ボーイ』をリリース。そして、2019年末にはニュー・アルバム『ワールド・ウォー・ジョイ』の完成に向け、2月から4か月連続で「フー・ドゥー・ユー・ラヴ feat. ファイヴ・セカンズ・オブ・サマー」「キルズ・ユー・スローリー」「ドゥー・ユー・ミーン feat. タイ・ダラー・サイン&ビューロウ」「コール・ユー・マイン feat. ビービー・レクサ」をリリースするなか、今年で20周年を迎える<サマーソニック2019>でのヘッドライナー出演が決定しており、7月には彼らの再来日を記念し、オリジナル10曲に加え、2016年以降リリースされてきた数々の大ヒット曲のRemix音源全13曲を追加収録した『シック・ボーイ...スペシャル・エディション』がリリースされる。