FAKY

FAKY

フェイクなフリして、とことんリアルに
東京からオルタナティブ・ガール・ポップを発信する4つの個性

グループ名である“FAKY (フェイキー)”とは、自らを“FAKY=FAKEのよう”と名乗ることで、現在の音楽シーンの中で逆説的に“リアル”を体現するグループを目指すという意気込みを表現している。2013年の活動開始以来、”海外に通用するガールズグループ”を合言葉にしたアーティスト活動を展開。YouTubeで公開したMVが海外120ヶ国以上よりアクセスされ、同じくYouTube上でのMVの総再生回数が500万回を超える等国内外から注目を集めている。 バラバラな環境で育ってきた彼女達の個性がここ東京に集結し、”J-POP”ではなく広い目で見た”POP”をベースにした音楽性で、現在の日本の主流ガールズグループとは違った存在を目指す、個性あふれるオルタナティブなガールズグループ。 2016年5月に発表したDigital E.P.『CANDY』はiTunes J-POP トップアルバム1位獲得し、同じくiTunes 総合トップアルバムではアリアナ・グランデ、レディオヘッドに次ぐ最高3位を獲得した他、『CANDY』リリース後には『SUMMER SONIC 2016』、『a-nation stadium fes.』をはじめとした大型音楽フェスへのライブ出演、MTV VMAJ 2016最優秀邦楽新人アーティストビデオ賞ノミネート等が話題に。 そして、2017年3月発表した『Surrender』が日本人としては極めて異例となるSpotify 日・米バイラルトップ50にてTop10入りを果たした他、洋楽アーティストを中心とした国内最大級のポップ・ミュージック・フェスティバル「POPSPRING 2017」にも出演し、その勢いのまま6月14日には待望のメジャーデビューとなる初CDパッケージ『Unwrapped』をリリース。今後さらなるアーティスト活動に国内のみならず全世界が大きな期待を寄せている。