THE BEAT GARDEN

THE BEAT GARDEN

エレクトロ特有の高揚感にエッジの利いたギターが躍動感を駆り立てる『エレクトリック・ダンス・ロック』サウンド、哀愁漂うメロディとリリックで独自のジャンルを築く。
2015年2月インディーズでリリースした1stフルアルバム「WILL」がオリコンインディーズランキング3位を獲得。
精力的にライブを重ね、10月には大阪BIG CATのワンマンライブが即日SOLD OUTに。
2016年2月前作より約1年振りに、インディーズ2枚目となるミニアルバム「Air」をリリース。
「Air」を引っ提げておこなったワンマンライブ【―Live Air 2016―】は、自身最大キャパである赤坂BLITZでおこない大成功に終わらせた。
2016年7月27日、メジャーデビュー。
1stシングル「Never End」をリリースする。