ZICO
Play

ZICO

日本でも既に大きな人気となっているダンス・ヒップホップチームBlock Bのリーダーで、韓国の若手ヒップホッパー筆頭のラッパー兼クリエイター。高1からラップをはじめ、19歳からアンダーグラウンドで本格的にラッパーとして始動、2011年にBlock Bのリーダーとしてメジャーデビュー。Block Bの楽曲の多くを手がけ、そのどれもがヒットへと繋がることから、新鋭トラックメーカーとしても注目を集める。
2014年秋からソロのZICO(ジコ)名義で楽曲を発表、全てがチャートで首位を獲得。事務所やキャリアの枠を超えて様々なアーティストをフィーチャリングし、キャッチ―な曲からディープなブラック音楽まで多彩なメロディに、エッジのきいたリリックを乗せ、言葉が躍るようなフロウを放つことから、“韓国若手No.1のラッパー”との呼び声が高い。
また現在韓国のヒップホップ・ブームの火付け役となった、ラッパーたちのバトル番組『SHOW ME THE MONEY4』に昨年ZICOはプロデューサーとして出演、グループの一員ではなく、実力ヒップホッパーとしての地位を確立した。2016年現在、韓国のブラックミュージック系フェスではヘッドライナーをつとめるほどの人気を誇る。