Matthew Herbert (HCAN RESIDENT DJ)

Matthew Herbert (HCAN RESIDENT DJ)

72年、BBCの録音技師だった父親のもとに生まれる。幼児期からピアノとヴァイオリンを学ぶ。エクセター大学で演劇を専攻したのち、95年にWishmountain名義で音楽活動をスタートさせる。以降、ハーバート(Herbert)、ドクター・ロキット、レディオボーイ、本名のマシュー・ハーバートなど様々な名義を使い分け、次々に作品を発表。また、プロデューサーとしてもビョーク、REM、ジョン・ケール、ヨーコ・オノ、セルジュ・ゲーンズブール等のアーティストのプロデュースおよびリミックスを手掛けている。10年、本名であるマシュー・ハーバート名義で「ONE」シリーズ3作品をリリース。14年には4曲収録EPを3作品連続でリリース、15年5月には全曲ボーカリストを起用したポップでハウスなアルバム『ザ・シェイクス』をリリースした。昨年のHOSTESS CLUB ALL-NIGHTERへの出演とライブセットでの単独公演を経て、16年HOSTESS CLUB ALL-NIGHTER レジデントDJに就任。