和田アキ子
Play

和田アキ子

1968年10月25日、『星空の孤独』でデビュー。
当時のキャッチフレーズとして“和製R&Bの女王”と称される。
『笑って許して』で『第21回NHK紅白歌合戦』に出場、紅白初出場を果たす。
1972年、『あの鐘を鳴らすのはあなた』で日本レコード大賞最優秀歌唱賞を受賞。
1986年、1978年以来8年ぶりに出場。以後連続出場中。
1998年、『第49回NHK紅白歌合戦』で『今あなたにうたいたい』を歌い、自身初の紅白大トリを務める。抜群の声量を生かし、曲の途中でハンドマイクを使わずに歌うパフォーマンスを見せ話題に。
2005年7月13日付のオリコンチャートでm-floとのコラボレーション作品「Hey!」がオリコン初登場9位を記録。また自身のキャリアにおいて初となる白組からの紅白出場を果たす。

2007年、㈱テイチクエンタテインメント内のレーベル“ユニオンレコード”が19年ぶりに復活、同年6月27日にシングル『ゴールデンタイム』をリリース。同年10月25日には歌手生活デビュー40周年目を迎え、2008年4月23日デビュー40周年記念アルバム「わだ家」、NON-STOP MIX CD「World Standard Wada Akiko」を2枚同時発売、そしてブラックミュージックの殿堂ニューヨーク“アポロシアター”にて海外公演を成功させる。11月26日には40周年の集大成としてベストアルバムを発売、同年紅白歌合戦では紅組のトリを務めた。

2012年10月25日で歌手活動45周年目を迎え、2013年6月12日、45周年記念の2枚組ベストアルバム「AKIKO WADA 45th ANNIVERSARY ESSENTIAL CILLECTION」をリリース。

昨年度は「BlueNote」や「Billboard」などソウルの原点回帰となるクラブでも歌唱。
現在、歌手活動50年に向け「氣志團万博」など音楽フェスにも精力的に出演。
また歌手活動のかたわら、TVにラジオにと芸能界の第一線でも活躍中。