POP ETC
Play

POP ETC

NYを拠点とする3ピース・ロック・バンド、ポップ・エトセトラ(POP ETC)。06年にカリフォルニアのバークレーで結成。現在のメンバーはクリストファー・チュウ(Vo, 兄)、ジョナサン・チュウ(G, 弟)、ジュリアン・ハーモン(Dr)。2008年にザ・モーニング・ベンダーズ(The Morning Benders)としてデビュー・アルバムを発表後、人気英レーベルRough Tradeと契約。2010年にセカンド・アルバム『ビッグ・エコー』で世界デビューし、世界中から脚光を浴びる存在となった。2012年3月にバンド名をPOPETCに改名し、同年6月にセルフタイトル・アルバム『ホップ・エトセトラ』をリリース。国内外のCM、アメリカの人気テレビシリーズ、映画などに楽曲が起用され、各方面で注目を浴びている。2011 年には東日本大震災支援チャリティE P『Japan Echo EP』を発表。その売上は日本赤十字を通して募金された。 日本のアーティストとのコラボレーションを積極的に行ない、Galileo Galileiのアルバム『ALARMS』(2013)、ミニアルバム『See More Glass』(2014)ではプロデュース、楽曲提供などで参加。木村カエラのアルバム『ROCK』(2012)収録「SWEET DREAMS (ARE MADE OF THIS)」、アルバム『MIETA 』(2014) 収録「sonic manic」「MAKE THIS DREAM REAL」「OLE! OH!」「Wake Up」4曲でプロデュース、曲作りに参加。シングル「sonic manic」(作詞:木村カエラ 作曲:POP ETC)はソニーハイレゾ音源対応ウォークマン®&ヘッドホン CMソングにも起用された。また人気アニメ『残響のテロル』オリジナル・サウンドトラック収録「lava(feat. POP ETC)」では菅野よう子と共作、ヴォーカルでも参加した。他CMへの書き下ろしも積極的に行なっており、NTT Docomo, Google,Sony 3D Television 他で使用されている。日本の文化、伝統に興味を持ち、オフィシャル・ツイッターでは自ら “日本語”での投稿を挑戦するなど、日本への愛情と造詣は驚くほど深い。2015年10月から11月にかけてGalileo Galileiのツアーのオープニング・アクトとして来日。2016年1月27日待望の4年振りの新作『スーベニア』をリリース。80年代英国NEW WAVEを彷彿させるPOPなサウンドは“NEW NEW WAVE”と呼ばれている。メタリカやレッド・ホット・チリ・ペッパーズ、ミューズを擁するマネージメントQ Primeの秘蔵っ子、今後期待のバンドである。