THE 1975
Play

THE 1975

イギリスはマンチェスター出身のオルタナティヴ・ロック・バンド。メンバーは、同じ学校に通っていたマシュー・ヒーリー(vo.)、アダム・ハン(gt.)、ロス・マックドナルド(ba.)、ジョージ・ダニエル(ds.)の4人。バンド名は、「トークハウス」、「スローダウン」、「ビッグスリープ」、「ドライヴ・ライク・アイ・ドゥ」など様々な変化を経て、最終的に「The 1975」に。
オルタナティヴ・ロック・バンドと称されることが多いThe 1975だが、4人はエレクトロ・ポップ、エレクトロニック・ミュージック、ギター・ポップ、R&Bなど様々なジャンルの音楽に影響を受けており、マシューは中でも、トーキング・ヘッズ、プリンス、マイ・ブラディ・ヴァレンタイン、マイケル・ジャクソン、ピーター・ガブリエル、ブライアン・イーノ、ディアンジェロ、シガー・ロスなどから特に影響を受けている。そんな彼らの音楽は、セックスや愛、ドラッグ、希望、死、そして恐怖など、俗に“ロック”と呼ばれる事柄について歌っている。バンドがこれまで発表した「フェイスダウン」、「セックス」、「ミュージック・フォー・カーズ」、「IV」の4枚のEPは、イギリスの音楽専門誌から称賛と注目を受け、シングル「チョコレート」で本国にて本格的にブレイク。アルバム発売前にも関わらずサマソニで初来日を果たした。早い出番にも関わらず約4000人の観客を呼び、直後の原宿アストロホールの単独公演もソールドアウト。全英初登場1位に輝いたデビュー・アルバム引っさげて行われた2月のツアーもソールドアウト。サマソニには2013、2014と2年連続の出演を果たしている。待望のセカンドアルバムリリースし、今年のサマソニで3度目の出演を果たす。