FERGIE
Play

FERGIE

ステイシー・"アン" ・ファーガソンのキャリアは、1983年あのアニメーション"スヌーピー"のサリー・ブラウン(チャーリー・ブラウンの妹)の声優としてスタートする。彼女がテレビ初登場となるのは、その少し後、彼女が8歳の時、『Kids Incorporated』というヴァラエティ番組でだった。のちにワイルド・オーキッドという3人組のヴォーカル・グループを一緒に組むことになるレネー・サンズと共に5年間この番組に、100回以上の出演を果たした。
1990年、ファーガソンはワイルド・オーキッドのメンバーに加入。グループはメジャーから2枚のアルバムをリリースするも3枚目のアルバム・レコーディングを終了後、レーベルからリリースを拒否されてしまい、事実上の解散となってしまう。このワイルド・オーキッドの活動と平行して、ファーガソンは、Bongoや、Guessなどのアパレルのモデルとしても活動、フォックス・ファミリー・チャンネルで『The Great Pretennders』という自身の番組も持っていた。しかしながら彼女はワイルド・オーキッドを去ってからまもなく、 "治療" が必要になってしまっていた。その時のことを、ある新聞社のインタヴューで彼女は答えている。
「 "エクスタシー" をやり始めてしまったの。それから "クリスタル・メタンフェタミン" 中毒になって、その頃の私の体重は41キロまで減ってしまったの。友達には拒食症だと嘘をついてたわ」
その治療でドラッグ中毒からなんとか抜け出すことが出来たファーガソンはLAのいろいろなコンサートやクラブでダンサーやバックアップ・シンガーの仕事をすることになる。そんな中、ある会場でブラック・アイド・ピーズのウィル・アイ・アムと彼女は運命的な出会いを果たす。ファーガソンとウィルはショウの後、何度もミーティングを重ねた。その結果、ファーガソンは、スタジオでレコーディングの誘いを受ける。正式メンバーになる前に彼女は5曲のレコーディングをし、2000年にグループを去ったバック・シンガーだったキム・ヒルに代わって正式メンバーとなった。
彼女はステージ・ネームを "ファーギー" とし、「シャット・アップ」、「マイ・ハンプス」などで大々的にフィーチャーされるブラック・アイド・ピーズにはなくてはならない存在となる。
そしてブラック・アイド・ピーズのメンバーとしての活動と平行して、ファーギーは長年の夢であったアルバム『プリンセス・ファーギー~The Dutchess』(2006年9月)のリリースとともにソロ活動も開始。「ロンドン・ブリッジ」、「グラマラス」、「ビッグ・ガールズ・ドント・クライ」の3曲が全米#1を獲得するという快挙を達成した。
待望の新作のリリースを今秋に控え、絶好のタイミングでサマソニに登場する。