クリエイター紹介クリエイター募集ボランティアスタッフ募集
  • 東京ATTRACTION

SONICART(ソニッカート)クリエイター紹介!

MESSE SIDE
水野健一郎(Kenichiro Mizuno)


2012年よりSONICARTのアドバイザーを務める。1967年岐阜県生まれ。鳥取大学工学部社会開発システム工学科中退。セツ・モードセミナー卒業。 既視感と未視感の狭間に存在する超時空感を求めて、自身の原風景の形成に大きく影響しているテレビアニメの世界観を脳内で再構築し、ドローイング、ペインティング、グラ フィック、アニメーションなど、多様な手法でアウトプット。個展などの展示活動の他、ジャンルを超えたコラボレーションを精力的に行う。作品集『Funny Crash』(2009年)、『KATHY's "New Dimension"』(2011年)をTOKYO CULTUART by BEAMSより刊行。映像チーム「超常現象」、美術ユニット「最高記念室」としても活動。2013年より美學校「絵と美と画と術」講師、東北芸術工科大学映像学科非常勤講師。
HP:http://kenichiromizuno.blogspot.jp/


足立拓人(Takuto Adachi)


1982年香川県生まれ。 CD、Tシャツ、電子書籍などでイラスト、デザインを制作。
フリージン制作集団『KNAKED』、絵本ユニット『MAMI』を立ち上げ幅広いジャンルで活動中。
現在はアートユニット『最高記念室』に参加しTOKYO CULUTUART by BEAMS、ギャラリーFmにて展示を開催。
個展やジャンルを問わないグループ展、イベントなどでも作品を発表。
HP:http://ashidetatelu.org/


高松徳男(Norio Takamatsu)


1978年兵庫県生まれ。インターメディウム研究所「IMI」写真コース修了, 美学校棚ガレリ・namGallery 同時開催 個展「1985年の ゲイラカイト」THE blank GALLERY“POSSIBLY TALENTED”参加 ターナーギャラリー『春のカド』出品, アートユニット『最高記念室』TOKYO CULUTUART by BEAMS TETOKA(手と花)「現在絵画展示即売会」 参加, 雑誌イラストレーション:MUSIC MAGAZINE 特集2004/12・2012/7
HP:http://www.ascomnet.net/noriot/
http://rcc.recruit.co.jp/gg/artist/norio-takamatsu


ウエオカケンタ(KENTA UEOKA)


エロティシズムをテーマに耽美的かつ現代的な手法でポルノとアートの境界線を超えて表現する画家。'95年よりフリーランスのイラストレーターとしても活動開始。主に広告関係の仕事をするかたわら、個展、ライブペイント等の活動を行いつつ現在にいたる。FIATやオンワード樫山、NTTdocomo、KIRIN、武田薬品等のメジャーな企業の仕事から、アンダーグラウンド・シーンのイベントでのボディー・ペイント・パフォーマンスやフライヤー・ワーク迄、様々な画風で幅広く対応するクリエイターとして、数々のディレクターやデザイナー、フォトグラファー、ミュージシャン、DJ、VJ、ダンサーとのコラボレーションも展開中!
http://www.kenta69.com
https://www.facebook.com/69factory
https://twitter.com/kentapoyo


植村泰英(Yasuhide Uemura)


1982年生まれ、東京都在住。
時間、場所、感情を断定しないことをテーマに、抽象と具象の間でどこかおかしみのある作品を制作しています。
http://yasuhideuemura.tumblr.com
https://www.instagram.com/yasuhideuemura/

THE GEEKS(ザ・ギークス)


吉田大吾(POISON GIRL BAND)と井出新二(Godrillhas Production)の荻窪育ちデュオ。
2016年春、アーティスト水野健一郎氏の発案により結成。
笑いとデザインを撹拌してパフォーム。



RIVER SIDE

C-DEPOT


C-DEPOT(シーデポ)は、絵画、立体、映像、写真、メディアアート、等の様々なジャンルを専門分野とする、総勢約80名のアーティストによって構成されているアーティスト集団である。2002年、金丸悠児と杉山治によって結成。 2003年より「EXHIBITION C-DEPOT」を開催。以降毎年、青山のスパイラルと横浜赤レンガ倉庫を交互に会場として大規模美術展を開催している。
会場:スパイラル <書籍「アーティスト集団C-DEPOTのキセキ」刊行 / 2008。アートスペース「C-DEPOT terminal」設立(豊島区)/ 2010。六本木一丁目のカフェ・RANDYにて「RANDY ART HILLS」プロジェクトをスタート / 2011。エマージング・ディレクターズ・アートフェア「ULTRA 005」 に出展 / 2012。「新池袋モンパルナス西口まちかど回遊美術館」に参加 / 2013。2014年には、西武渋谷店の1フロアを占拠したアートフェアを開催予定。その他、企業へアートコンテンツの提供、オリジナルプロダクトの開発、子供向けワークショップの開催、若手アーティストの育成を手がけている。
HP:http://www.c-depot.org


生田目礼一(Reiichi Namatame)


1980年 宮城県生まれ。
対比する物事の二重性を体現、試みる視点『朧』をコンセプトに掲げる。
そこから波状する物語性を込めた作品を展開し活動する。

2008年 ガラス造形作家、羽鳥景子氏に師事
2014年 第27回NIGAF スカラーシップ受賞
2015年 スタジオ 火流間 設立

HP:http://ukarukupa.wix.com/reiichinamatame


京都精華大学(Kyoto Seika University)


京都精華大学 デザイン学部 プロダクトデザイン学科 プロダクトコミュニケーションコースにて製品デザインを学ぶ学生9名からなるチーム。
利便性と美しさを兼ね備えたデザインを目指し家電製品やキッチン雑貨、スポーツ用品、アイウェア等の産学コラボレーション授業を通し企業に対しデザインを提案を行う。




MARINE SIDE

山形 和宏 / 浅野 萌 / 88ROYAL / n1n-x2. / 空想絵画物語 / 栗野 久美子 /
グループ創造サークル / Cheekys / 紫苑 / しきっしー&エガオー / 鈴木 里奈 /
TARZANKICK!!! / chapati tokyo / DEVIL ROBOTS & NutCase Factory & KAMAKIRI / demi / 仲井 優一 / ナダヤマ ミユ / 西片 信也 / HANAko / 福岡 祐理 / ほまちょ / みずのえな



BEACH SIDE

Ayaka Nishitani


1988年生まれ。横浜在住。
2012年夏、湘南の海の家でのLIVE PAINTINGをきっかけに
絵の道へと進むことを決意。

その後、海・自然 × ひと をテーマに
主に海の近くを拠点とし、絵を描き続ける。



バグパイプ演奏

スコットランドに代表される民族楽器バグパイプがサマソニに今年も登場!
高音と低音が同時にでる独特の音色はクラッシックからパンクまで様々な音楽に登場しています、音楽好きな人は見た事はないかもしれないが聴いた事はあるはず!この機会に生演奏を体験してください。

加藤健二郎(Kenjiro Kato)


バグパイプ奏者。1961年尼崎市生まれ、育ちは東京と横浜。早稲田大学理工学部卒。東亜建設工業勤務を経て、1988年より海外に飛び出し、軍事調査業界に転職。1997年より防衛庁(省)内局OPLに任命される。2003年イラク戦争を最後に軍事調査を辞め、バグパイプ奏者に転向、2008年に日本人初の職業バグパイプ奏者となる。当初は冠婚葬祭など中心だったが、2010年から芸能界に縁を持ち、著名人としては、大場久美子、藤原紀香、及川眠子、劇団ひとり、などとの共演がある。演奏でのTV出演は、Eテレ、テレビ東京、フジテレビ。著書は、軍事関連本になるが「女性兵士」「戦場の現在」など11冊。311大津波以降は東北被災地演奏がライフワークの1つになり約60回訪問している。


SONICART商品協力

シンロイヒ株式会社
サンデーペイント株式会社

運営協力(産学協同活動)

学校法人専門学校 東京ビジュアルアーツ
武蔵野美術大学

http://www.sonicart.info/