SUMMER SONIC TOKYO LINE UPサマーソニック東京 ラインナップ

Dinosaur Pile-Up

Dinosaur Pile-Up

イギリスのリーズから頭角を現した新たな才能=Matt Bigland率いるDinosaur Pile-up(以下 DPU) は、フロントマンであるMatt Biglandを中心としたイギリス・リーズ出身の3ピースバンド。
90’sオルタナティブロックサウンドはバンドシーンにおいて根強く、普遍性の高さを感じさせるDPUサウンドは、世界各国でも反応が出始めており、15,000人キャパ でのライブツアーを敢行したBRAND NEW(USバンド)とヨーロッパツアーを行うなど、ワールドワイドな活動で、世界各国にその名を轟かせ始めている.。2014年に彼らが行ったライブは本国UKにとどまらず、USで3回、そしてヨーロッパやインドにも進出するなどワールドワイドな活動を行ってきた。
ドラム、ベース、ギター等すべての楽器をこなすマルチプレイヤーでもあるMattの類まれなるソングライティング能力、演奏力によって作られた、前作アルバム“Nature Nurture”は、英NME誌を中心に各メディアで絶賛され、その音楽性は日本でも注目を集めた。
2014年、日本でもその動きにタワーレコード渋谷・新宿の洋楽バイヤーがいちはやく反応!国内盤リリースを前に、タワーレコード渋谷店・新宿店及びタワーレコードオンライン限定で日本オリジナルEPをリリース、8月にサマーソニックで初来日を果たした。10月には「Nature Nurture」を日本独自企画盤としてリリースし、その後ジャパンツアーを敢行。Matt、そしてMike Sheils(ドラム)とJim Cratchley(ベース)の3人で奏でるより強く、よりグルービー、そしてヘビィなサウンドは90’sオルタナティブサウンドに影響を受けながら、カッコよくてヘヴィなリフを ポップに鳴らすDPUの実力は日本のメディアやオーディエンスに衝撃を与えた。
細分化された音楽シーンの中で、トレンドもジャンルも洋楽も邦楽も関係なし!単純にかっこいいと思えるライブパフォーマンス、楽曲(おまけにルックスも良し!)はまさに恐竜並みのインパクト!