SUMMER SONIC TOKYO LINE UPサマーソニック東京 ラインナップ

ALL TIME LOW
Play

ALL TIME LOW

サマーソニックの初年度以来の大きな柱の一本となっているのが、パンク〜ラウド・ロック系のアーティストたちの響宴だが、今年はオール・タイム・ロウが5年ぶりに還ってくる。
ボルチモア出身、アレックス・ガスカース、ジャック・バラカット、ザック・メリック、ライアン・ドーソンの4人によって2003年に結成されたATLも、今年でデビュー・アルバム『ザ・パーティ・シーン』のリリースから10年の節目を迎える。当時まだ10代だった彼らはブリンク182やニュー・ファウンド・グローリーのフォロワー的イメージが強かったが、3作目『ナッシング・パーソナル』(2009)以降はその猛烈キャッチーなポップ・センスと抜群のルックスもあってポップ・パンク・シーンの先頭に躍り出た。
2010年のサマソニ初出演以外にもコンスタントな単独来日を続け、2012年にはPUNKSPRINGにも出演済とあってここ日本でも堅固なファンベースを築いている。今年4月には約3年ぶりの新作『Future Hearts』をリリース、つまり今回は新作を引っさげての超攻撃型ステージとなるはず。