SUMMER SONIC TOKYO LINE UPサマーソニック東京 ラインナップ

D'ANGELO AND THE VANGUARD
Play

D'ANGELO AND THE VANGUARD

昨年、最もセンセーショナルな「復活」を果たしたのがこのディアンジェロだろう。約15年ぶりのオリジナル・アルバム『ブラック・メサイア』を年の瀬も迫った12月に突如配信リリース、各国クリティックの選ぶ年間ベスト・アルバムが殆ど出揃った後に飛び込んできたこの傑作アルバムに、英米シーンはひっくり返る騒ぎとなった。
弱冠21歳でリリースしたデビュー・アルバム『ブラウン・シュガー』で(1995)でネオ・ソウルの旗手と称され、プリンスのDNAを引き継ぐソウル〜ファンクのカリスマとなったディアンジェロだが、その寡作ぶりも際立っていて、前作『ブードゥー』(2000)、そして『ブラック・メサイア』と、未だ3枚しか彼のアルバムは存在しない。しかしこの僅か3作でディアンジェロがR&Bシーンに与えたインパクトはあまりにも破格なものだ。ソウル・ミュージックとヒップホップを繋げ、さらにはソウル・ミュージックとヒップホップとポップ・ミュージックを繋げていったディアンジェロのマナーは、彼が不在だったこの15年間で大半のポップ・ミュージックの定石になったのだから。
約20年(!)ぶりの来日となる今回の来日は『ブラック・メサイア』同様に&ザ・ヴァンガーズ名義でのステージとなる。ちなみにディアンジェロと同世代のアーティストであり、彼と共振し、時に影響を受け、新作にも真っ先に賛辞を贈ったのが、他でもないファレル・ウィリアムスだ。そんなファレルとディアンジェロが共に出演するサマーソニックが、2015年のポップ・ヒストリーにおいて最重要のイヴェントになることは間違いない。