TOKYO LINEUP

OSAKA LINEUP

小島麻由美

東京都出身。1995年7月21日、シングル「結婚相談所」で突然デビュー。アルバム「セシルのブルース」はジャズ、ジンタ、歌謡曲などの影響と少女的感性が結びついた“古くて新しい”音楽として注目をあつめる。 作品毎に意匠を変化させながら、“スウィングする日本語の唄”を軸に、数多くの冒険的、圧倒的な作品を発表。独自のコンボ・サウンドとともに立上がる唯一無二の世界が音楽リスナー達を魅了しつづけている。 現在までにオリジナルアルバム8枚、シングル16枚、ミニアルバム1枚、ライブアルバム1枚、ベストアルバム2枚を発表。NHK「みんなのうた」に提供した「ふうせん」では、自らイラスト・アニメーションも手がけた他、イラスト&散文集『KOJIMA MAYUMI'S PAPERBACK』等も発表。多方面にその才能を発揮している。また、「はつ恋」が任天堂USAのCM曲として北南米にて1年間に渡り放映され、台湾・桃園で開催された「Music Terminals Festival 09」に招聘されるなど、海外からの評価も高く、近年では「キッチン泡ハイター」CM曲などでも唯一無二の歌声を響かせる。 2014年は、4年ぶりのリリースとなるミニアルバム「渚にて」に続き、フルアルバムのリリースを予定しており、デビュー20周年となる2015年に向けて期待が高まっている。

Page Top