OSAKA LINEUP

TOKYO LINEUP

TWENTY ONE PILOTS

人口73万人、デトロイトと肩を並べる自動車工業都市オハイオ州コロンバスから飛び出したニュー・ヒーロー。5人しか観客がいない中でも成功を信じ続けた。観客を魅了する為に、どんなものが求められているか試行錯誤をし続けた。観客を魅了するタイラーのダンスも、ジョシュのピアノの上から繰り出すバク中などもハードワークの中で生まれたものである。
2011年11月19日、オハイオ州コロンバスのローカル・バンドとしては初めて1700人のキャパシティーの会場をソールド・アウトさせるまでに大きくなった。このニュースは1晩で全米中を駆け巡り、音楽業界から注目される存在となる。結果、名門レーベルであるフュエルド・バイ・ラーメンと契約。理由は彼らのファンベースの大切さ、というものを本当の意味で理解させてくれたレーベルであったからである。POWER TO THE LOCAL DREAMER!!(地元で夢みて頑張っているみんなへ)これがtwenty|one|pilotsが今掲げるメッセージ。2011年に『REGIONAL AT BEST』をセルフ・リリース。今夏には、FUJI RCOK2012に緊急参戦。インディーズでアルバムを1枚リリースしただけの新人にも関わらず、圧巻のパフォーマンスで会場で拍手喝采を勝ち取った。ネット上では彼らが1日目のベスト・アクトだったと評価を数多く得た。その後、Right-onのCMソングで「ガンズ・フォー・ハンズ」が使われ話題に。

Page Top