GUIDELINES

ABOUT SUMMER SONIC

2000年8月、都市型フェスティバルとして産声を上げた“SUMMER SONIC(サマーソニック)”。
国内初!関東・関西の2大都市での同時開催&出演アーティストを総入替、という画期的なフェス形式のもと、グリーン・デイ、ブルース・エクスプロージョンをヘッドライナーに、国内外のアーティストが集結した。

翌年開催されたサマーソニック01では、ベック、マリリン・マンソンがそれぞれヘッドライナーを務め、10万人以上を動員。その年開催されたフェスティバルの中で、最高動員数を記録した。

2002年:伝説のバンド、ガンズ・アンド・ローゼズが出演。音楽業界の“事件”ともいうべきその瞬間を、衝撃と共に多くのオーディエンスが体感。
2003年:もはや世界最高峰のアーティストと言っても過言ではない、レディオヘッドが登場。スタジアムいっぱいの観客を、感動の渦へと巻き込んだ。
2004年:サマーソニック開催元年にも出演したグリーン・デイを筆頭に、ビースティ・ボーイズ、サム41、アヴリル・ラヴィーンらが出演。15万5千人もの動員数を記録し、名実共に国内最大級のロック・フェスティバルへと成長。
2005年:世界のロック・シーンを牽引するオアシス、ナイン・インチ・ネイルズ、ディープ・パープルなど、新旧のビッグ・アーティストが多数出演し過去最大数となる、16万6千人を動員した。
2006年:メタリカ、リンキンパークを筆頭に、ダフトパンク、マッシヴ・アタックら海外フェスが羨むようなラインナップに。
2007年:ヘッドライナーに史上最速・最年少のアークティック・モンキーズ、そしてサマソニ史上初のHIPHOPアクトのヘッドライナーとしてブラックアイド・ピーズを抜擢し、常に変化し続ける音楽シーンを見事に反映したフェスティバルに変貌を遂げた。
2008年:コールドプレイがヘッドライナーとして帰還。またザ・ヴァーヴの復活劇も大きな話題に。
2009年:10周年を記念し期間を3日間に拡大、日本のフェスに初登場となったビヨンセのヘッドライナーは各方面で絶賛の声があがった。
2010年:はスティーヴィー・ワンダー、ジェイZを筆頭にフェスの新たな可能性を大きく打ち出した。
2011年:サマソニ史上初となるレッチリ、そして00年代のロックシーンを牽引してきたストロークスがヘッドライナーを飾り過去最大の動員 も記録した。
2012年: 3度目のヘッドライナーとなるグリーン・デイ、そして女性R&B/HIPHOP界の歌姫リアーナを筆頭にシーンを反映したヴァラエティに富んだ国内外のラインナップとなった。新たな試みとしてアジアの気鋭のアーティストをサマソニから発信する、ASIAN CALLINGもスタートした。

昨年はメタリカ、ミューズを筆頭に国内からはMr.Childrenが初出演し大きな話題に。また東京、大阪ともに全券種がソールドアウト。
動員数は実に23万人を記録。アジア圏においても最大級のフェスとなった。

サマーソニックの魅力は何と言っても出演アーティスト。
海外でトップ・クラスに君臨するアーティストはもちろん、ザ・ストロークスやコールドプレイ、カサビアンなど、サマーソニックを機にブレイク する新人勢が数多く出演するのも大きな魅力のひとつ。

また、GNR、ハノイ・ロックス、アレステッド・ディベロップメント、ザ・ドアーズなど伝説のアーティストが復活を遂げるその瞬間を目にする ことができる場所、それがサマーソニックとも言える。

アーティストとオーディエンスによって創り出される、全ての空間を楽しむ真夏の2日間。

サマーソニック2014いよいよ開催!!

続きを読む

続きをたたむ

お客様へのお願い、注意事項

お客様へのお願い、及び注意事項です。必ずお読みください。

続きを読む

FROM SUMMER SONIC

大変長らくお待たせいたしました。15回目を迎えるサマーソニックも、いよいよヘッドライナーが発表されて東西の役者が揃いました。

16日大阪、17日東京のヘッドライナーを飾るのは「We Are The Champions, Again!」
そう、クイーンです。世界的なロックバンドであることは勿論ですが、この日本が彼等を最初にスーパースターとして迎え入れた国であり、今でも最も好きな洋楽に選ばれるのがクイーン。本国英国でも史上最も売れたアルバムは彼らの「グレイテスト・ヒッツ」であり、天才フレディ・マーキュリー亡き後もジョージ・マイケルやポール・ロジャースをヴォーカルに迎え華麗なる復活をとげてきました。そして、今回ブライアン・メイとロジャー・テイラーが選んだヴォーカルがアダム・ランバートというパーフェクトな布陣です。
サマーソニックで蘇る「ボヘミアン・ラプソティ」「ウィ・ウィル・ロック・ユー」「キラー・クィーン」などの壮大なる名曲の数々とシアトリカルなステージは歴史に語られるものになるでしょう。
その前にプレイする権利を得るのは果たして海外からなのか、日本のアクトになるのか乞うご期待です。

そして16日東京、17日大阪はアークティック・モンキーズとロバート・プラントという新旧ブリティッシュ・ロックのスーパースターがメインステージをしめることとなります。
カサビアンとクラフトワークもサマーソニック東西にわかれての出演が決まり、昨年からのソニックマニア流れのコンセプトも明確になってきました。
ソニックマニアでのゼッド、クルーウェラ、ナーボのEDM3連発は一言、ヤバいです。

洋楽が7割は出揃った今、4月から5月は日本のアクトのアナウンスを中心におこないます。驚きの初出演グループ、久し振りに帰って来てくれるアーティストや鉄板のロックバンドなど、今年もカオスにサマーソニックらしい顔ぶれが揃います。ステージ分けも今月中にはだす予定でいるので、それまでは予想を楽しんで下さい。

今年の夏も音楽の溢れるフェスの空間で、皆さんが飲んで踊って食べて笑ってエンジョイできる2日間を約束します。

続きを読む

続きをたたむ

Page Top