TOKYO LINEUP

OSAKA LINEUP

JAGWAR MA

シドニー出身のプロデューサー、Jono Maによる要注目のユニット、ジャグワー・マが早くもサマソニに初エントリー。NMEやBBCの2013年のブレイク新人リストに名を連ねる等、既に海の向こうのUKでは大きな話題を集めているニューカマーだが、中でも彼らに特大級の賛辞を送っているのがご存じノエル・ギャラガーで、なにしろ「銀河系の未来はジャグワー・マにかかっている」と言い切るほどの大プッシュなのだ。そんなノエルを虜にしたジャグワー・マのサウンドはずばり、サイケだ。しかも60年代のオリジナル・サイケ、ソフト・ロック調のメロディに80年代後半~90年代前半のネオサイケ、アシッド・ハウスのグルーヴを折衷させたハイブリッドな才能で、ターム・インパラを筆頭にサイケが俄かに盛り上がりを見せている昨今のオージー・シーンのリアルな勢いを感じさせる。トリッピー&シャイニーな彼らのナンバーは夏フェスのムードにぴったりだし、時代を再びカラフルに彩っていくだろう最新の「サード・サマー・オヴ・ラブ」の瞬間を見逃さないで!

Page Top