TOKYO LINEUP

OSAKA LINEUP

PALMA VIOLETS

ロンドン出身のサム・フライヤー(Vo/G)、チリ・ジェッソン(Vo/B)、ピート・メイヒュー(Key)、ウィル・ドイル(Dr)からなる4ピース。
英老舗レーベル<Rough Trade>の創始者ジェフ・トラヴィスが1曲だけを聴いて即契約をした期待の新人バンド。デビュー前からNMEの表紙に抜擢されるなど、既に熱い注目を浴びる中、彼らのライヴを観に、あのニック・ケイヴやバーナード・バトラー(元スウェード)等大物ミュージシャンも足を運んだという。
2月のHOSTESS CLUB WEEKENDERでのライヴは日本のオーディエンスにも大喝采で迎えられるなどリバティンズ以来の衝撃として、ここ日本でも大注目を浴びている。
シーンを変えてくれそうな期待感とともに2013年を語るうえで重要なマスターピースとなるバンドであることは間違いない。

Page Top