TOKYO LINEUP

OSAKA LINEUP

FALL OUT BOY

Alternative Press(AP誌)で2005年の最も期待されるリリースの一つとして取り上げられ、一方でローリングストーン誌1月号にて"注目すべき10アーティスト"に名を連ねるなど、全米が注目する中、メジャー・デビュー・アルバム『フロム・アンダー・ザ・コーク・ツリー』を2005年5月に発表。
その年の"Vans Warped Tour '05"(w/MxPx, The Offspring, Simple Plan, Thrice…)でも圧倒的な支持を受け着実にファン・ベースを拡大。シングル「シュガー、ウィアー・ゴーイン・ダウン」、「ダンス、ダンス」が連続で全米チャートをかけ上り、アルバムは300万枚を超えるビック・ヒットを記録。2006年のグラミー賞の新人賞にもノミネートされるなど大きく飛躍した。サマーソニック06で来日、群を抜く楽曲とパフォーマンスで大好評を獲得した。

2007年2月、圧倒的な期待の中、アルバム『インフィニティ・オン・ハイ -星月夜』を発売して全米初登場1位を獲得!全世界的な人気を不動のものとした。さらにアルバムからのシングル「アームズ・レース~フォール・アウト・ボーイの頂上作戦」も全米シングル・チャート最高位2位を記録するなど、全世界の音楽シーンに強烈なインパクトを与えた。日本でのリアクションも大きく、アルバムはオリコン・チャートで初登場11位(洋楽ではノラ・ジョーンズに次ぐ2位)を記録。同2月に行われた東京、大阪での来日公演も完全ソールド・アウト!更なる期待を背負い、サマーソニック07にも参戦。マウンテン・ステージの"顔"として圧倒的なステージを披露した。

2008年12月に最新作『フォリ・ア・ドゥ -FOB狂想曲』を発売。単独ツアーも各地売り切れ公演続出。
その後バンドは活動休止状態にあったが、2013年新作の発表とともに活動再開のニュースが世界を駆け巡った。
日本ではその復活の場として選ばれたのはサマーソニック!見逃し厳禁の熱いステージとなりそうだ。

Page Top