LINEUP TOKYO

OSAKA

HOOBASTANK

  • OFFICIAL
  • LABEL

94年にLA近郊のハイスクールに通っていたダグラス・ロブ(vo)とダン・エストリン(g)が意気投合しバンドを結成。フーバスタンクが誕生する。フーバスタンクは当初"HOOBUSTANK"と名乗っていたが、人々が"フーブースタンク"と発音したため、現在の"Hoobastank"に改名したという。結成してほどなくして曲作りを開始した彼らは、98年、自主制作盤『THEY SURE DON'T MAKE BASKET BALL SHORTS THEY USED TO』を発表。当時は地元ハリウッドのライヴ・ハウス、ロキシーやウィスキーなどで地道なライヴ活動をしていた。その後、アイランド/デフ・ジャムとの契約に成功。そして、2001年11月20日、本国アメリカにおいてデビュー作『HOOBASTANK』を発表。リード・トラック『クローリング・イン・ザ・ダーク』がMTVやモダン・ロック系のラジオで大量に流れはじめチャートを上昇。盟友インキュバスのオープニング・アクトとして全米各地をツアーする等、人気を獲得してプラチナ・セールスを記録。続く2004年のセカンド・アルバム『ザ・リーズン』から、シングルが大ヒット!最終的に200万枚のセールスを記録、世界的な成功をおさめた。2006年にはサード・アルバム『欲望』をリリース。サマーソニック06への参加、そして、その後の来日公演では全公演ソールド・アウトの快挙も達成し、日本でも不動の人気を確立した。その後、約18ヶ月の長い休養経て、2009年、オリジナル・アルバム『フォーネヴァー』を発売。直後の3月に行なわれた来日公演もソールド・アウトし、サマーソニック09にも出演した。2010年8月、バンド初のアコースティック・アルバム『イズ・ディス・ザ・デイ?』(Is This The Day?)をリリース。8月下旬には日本にてアコースティック・ライヴツアーを行った。

動画再生 >

HOOBASTANK
Play

twitterみんなのツイートを見る

ツイートする