LINEUP TOKYO

OSAKA

ZIGGY MARLEY

  • OFFICIAL SITE
  • MYSPACE

本名David Marley。1968年ジャマイカにてBob Marleyと妻であるRitaとの間に長男として生まれる。幼いころから父、Bob Marleyにギターやドラムなどの楽器を習い、10歳のころにはBob Marley & THE WAILERSのライブやセッションに参加するようになった。Ziggyという名前は彼がDavid Bowieを敬愛していたことから付いたニックネーム。Ziggyは妹のCedella、弟のStephen、異母姉妹であるSharonとともに父親と『Children Playing In The Street』をレコーディング、そのメンバーがメロディメイカーズとなった。彼らはBobのイベントなどでパフォーマンスするようになり、Bobの葬儀でもパフォーマンスした。
Ziggyが17歳になろうかという時、Ziggy Marley & The Melody MakersとしてEMIと契約、『Play The Game Right』でデビューを果たす。続いて1986年には『Hey World』をリリースするが、Ziggyは自分が声、ルックスともにあまりにも父親に似すぎていることからレゲエを脱却しポップ・ミュージックへと方向性を変えるが商業的に成功しなかった。EMIがZiggyをソロへと転向させようとしていたこともあり、彼らはVirginに移籍。そこでTALKING HEADSのChris Frantzらをプロデューサーに迎えた名作『Conscious Party』を発表。シングル『Tomorrow People』が大ヒットし、この作品は大成功をおさめることとなる。さらにリリースした『One Bright Day』も大ヒットし、グラミー賞も獲得と順調に成長を続けていった。2003年ファミリー・グループに区切りをつけソロ作を発表。
David LindleyやSteve Jordanの他、RED HOT CHILI PEPPERSのFleaとJohn Fruscianteの参加など、話題を振りまいた作品となった。また、近年U.R.G.E(Unlimited Resources Giving Enlightenment)というチャリティの為の非営利団体も立ち上げている。

ZIGGY MARLEY

TOKYO 8/13 LINEUP

  • GUSH
  • SUNSET ROLLERCOASTER(TAIWAN)
  • The Mirraz
  • IDIOTAPE
  • THE PRETTY RECKLESS
  • BREAKBOT
  • CAGE THE ELEPHANT
  • TINIE TEMPAH
  • andymori