LINEUP TOKYO

OSAKA

CEREBRAL BALLZY

  • OFFICIAL SITE
  • MYSPACE

「まるでBAD BRAINSがMINOR THREATのカバーをしているようだ!」と称され、アメリカ本国では老舗パンクレーベルDISCHORD RECORDS(Fugazi やQ And Not U等が所属)の創設者、伝説のハードコアバンドMINOR THREATのメンバーJeff Nelsonが惚れ込んで彼等と契約した事で注目を集めるニューヨーク出身のスケート・ファスト・スラッシュ・パンクバンド。
彼等は HONOR、MASON、JASON、ABE、MELからなる20歳そこそこの5人組。地元ブルックリンでもジャンキーや犯罪者など、どうしようもないヤツらが集まる地域で毎日の様にピザを食べてはビールを飲むスケート仲間だった。ラジオやTVから流れてくる流行りのブルックリン・サウンドに吐き気感じた彼等には80年代のスケートスラッシュ・バンドやハードコア・バンドに影響を受け、CEREBRAL BALLZYを2009年に結成する。ラッキーな事に彼等の1st GIGは全世界の音楽好きが集まるCMJ FESTIVALでのライヴであった。エレクトロなサウンドが主流のブルックリンにて行われた彼等の凄まじいライヴに多くの観衆がド肝を抜かれ、その観衆の中にはSLAYER、RAGE AGAINST THE MACHINE等のプロデュース知られる大物プロデューサー、Rick Rubinの姿もあり、彼もまた多くの観衆と同じように彼等に賛辞を送った。その後のライヴを観たニューヨークの新興レーベルARTICLEからの記念すべき第1弾シングルとして、彼等の1stシングル 『You're Idle』がリリースされる。その7インチシングルはアートワークが紙ヤスリで出来ており、2010年にリリースされたベスト・アートワークだという声も少なくない。
彼等の噂が英国に届くのも、そう時間はかからなかった。早々に英音楽誌「NME」にて”50 Best New Bands Of 2010”に選出され、フロントマンであるHORNORは”Cool List 2010”にも選出。されに英国デビュー前にも関わらず、見開き全面カラーページにて彼等の紹介記事が掲載された。
その評判はうなぎ昇りで英国のLEEDS & READINGのロックフェスを始め、IRON MAINDENやSLAYERがトリを務めたヘヴィーロックフェスSONISPHEREにも出演する等、幅広いジャンルのフェスティバルに多数出演。その評判に現在英国で最も活動的で英国ミュージック・シーンを牽引し続けているインディー・レーベルMOSHI MOSHI RECORDSと契約。前代未聞のMOSHI MOSHIからの初ハードコアバンドのデビューシングル『Insufficient Fare』をリリースし、アートワークはかの有名なBLACK FLAGのバンド・ロゴ始め、SONIC YOUTHの 『Goo』 のデザインを手がけたRaymond Pettibon が手掛けた。2011年全世界でブレイク必須の注目バンドの登場だ!

CEREBRAL BALLZY

TOKYO 8/13 LINEUP

  • 木村カエラ
  • オズ
  • ONE☆DRAFT
  • IDIOTAPE
  • ARRESTED DEVELOPMENT
  • BoA
  • the GazettE
  • THE DOWNTOWN FICTION
  • lecca