LINEUP TOKYO

OSAKA

JAMES BLUNT

  • OFFICIAL SITE
  • LABEL SITE
  • MYSPACE

1974年2月22日イギリス生まれ。ハイスクール卒業後、奨学金を受けて大学へ。そして大学を卒業したJamesは、イギリス軍へ入隊し、軍での仕事に従事。1999年には、イギリス軍から派遣され、NATOの平和維持軍の一員として、当時、戦争状態にあったコソボに派遣され、約3年間の戦地での生活を送った。コソボでの従軍中にも、彼は休息時にはギターを持ち曲作りを行っていた。コソボ勤務を終えた2002年、彼はシンガー・ソングライターとして音楽出版社と契約。そしてLinda Perryとの出会いにより、本格的なレコーディング・アーティストの道に進んだのだった。2004年10月、まずはイギリスで、デビュー・アルバム『Back to Bedlam』発売。イギリスでのデビュー・シングル『High』は、全英シングル・チャートでTOP10入りするヒットに。そして、彼の人気を決定づけたのがイギリスでの3rdシングル『You're Beautiful』。この曲は、2005年初夏、UKチャートで実に6週連続NO.1を記録し、それと共にアルバムもメガ・ヒット!『Back to Bedlam』は2005年夏にイギリスで通算9週連続アルバム・チャート1位を記録。この年イギリス最大のヒット・アルバムとなった。そしてこの大ヒットは、全ヨーロッパ、北米にあっという間に広まり、2005年秋には、『You're Beautiful』が全米シングル・チャート1位獲得!イギリス人男性シンガー・ソング・ライターとしては、Elton John「Candle in the Wind」以来のNO.1ヒットになった。2007年9月19日、2ndアルバム『All the Lost Souls』をリリース、全世界12カ国で初登場1位、1stシングル『1973』は全ヨーロッパ・ラジオ・チャート2週連続No.1を記録した。2ndシングル『Same Mistake』も全世界で大ヒット、映画『P.S.アイラヴユー』のオリジナル版のエンディング・テーマとして話題になった。3rdシングル『Carry You Home』ではテレビ東京のオーディション番組「ITSUZAI」でジェイムス・ブラント自身が監督・コンセプト・主演女優を募集した、日本独自のビデオ・クリップも制作され話題になった。2008年4月には2度目の来日公演を行った。

JAMES BLUNT

TOKYO 8/14 LINEUP

  • SUEDE
  • Predawn
  • avengers in sci-fi
  • 少女時代(GIRLS' GENERATION)
  • MONA
  • JAMES BLUNT
  • yanokami(矢野顕子×レイ・ハラカミ)
  • RIVAL SONS
  • NAMO