ATTRACTIONS

TOKYO

SONICART

SONICART

■メッセサイド(2号館、コンコース)でライブペインティング!

小笠原徹

小笠原徹
1975年東京生まれ。東京工芸大学画像工学科卒。
多彩な表現スタイルにより、雑誌や書籍、音楽関係、広告など、幅広い分野で活躍中。Mr.Children TOUR 2007・2009 ツアーグッズイラスト、「キマグレン」キャラクター・CDイラスト・プロモーションアニメ等、DESIGNTIDE 2009ポスター、書籍「オブラディ・オブラダ」(光文社)装画&挿絵、映画「転々」試写状・プレス・web等のイラストを手掛ける他、週刊文春「いまなんつった?(宮藤官九郎)」、R25「結論はまた来週(高橋秀実)」、サイゾー等でも挿絵連載中。
http://www.bakudankick.com/

金子ナンペイ

金子ナンペイ
本名「金子南平」。1968年、横浜生まれ。桑沢デザイン研究所卒、イラストレーター。1992年よりフリーとして活動。1994年頃から主にアスキー系のイラスト「ゲーム帝国」などを多く描く。その時期、その無駄に濃い画風から「地獄の念力絵師金子」と呼ばれたりする。2000年に映画「PARTY7」のポスターを描き、スッゲー事になると思ったが、あんまり状況は変わらず、同2000年頃から雑誌「サイゾー」の仕事をたくさん描き、徐々に色々な仕事が増える。2004年から携わったファイティングオペラ「ハッスル」シリーズのポスターが一部で大好評!だったのかな?デハラユキノリ氏とのユニット「メンペ」の名ばかりの会長。絵ばっか描いてる変なおじさんの明日はどっちだ!?座右の銘は「人生なるべく楽しく」だよ!よろしくね。
http://www.nampei.net

我喜屋位瑳務

我喜屋位瑳務
沖縄県出身、東京都在住。 子供の頃見たアメリカのアクションやホラー映画のトラウマにインスピレーションを受けた作品をドローイングやコラージュで制作する。 GAINAXトップページ企画『SF百景』、格闘技ムック『MMA LEGEND』、NUMBER、新日本プロレスTシャツなど 装画、雑誌、アパレル、広告、WEBコンテンツ、ZINEの制作など幅広いジャンルで活動している。 『1_WALL』展で初代グランプリを獲得、多くのメディアに取りあげられるなど今後の活躍が注目されている。

Shu-Thang Grafix

Shu-Thang Grafix
1976年東京生まれ。東京造形大学デザイン学科卒。
雑誌や書籍、広告等をメインにベジェ曲線を使ったイラストレーションを描く。abingdon boys schoolのロゴ、CD、DVDジャケット等のデザイン/真心ブラザース アルバム「DAZZLING SOUND」ジャケットアートワーク/NHK『きよしとこの夜』『シャキーン!』ムービーイラスト/宝くじスクラッチCMイラスト等を手がける。著書に『スマートモテリーマン講座』等
http://www.shu-thang.com

Masshiva(マッシーバ)

Masshiva(マッシーバ)
「SHIMOKITA VOICE」www.shimokita-sk.org/sv/のcbaと平松昭子が2010年6月に結成。とめどないスペクトル、溢れ出すピンクロマン!!


cba:Gデザイナー&ベーシスト

サーファーズ・オブ・ロマンチカ、CICADA、Zero、Ahh Folly Jet等のセッションベーシストとしてのキャリアを持つGデザイナー。アカペラポリリズムユニット、ZUVIZUVAではRuins吉田達也と共にイタリア、ボローニャ音楽祭に出演。映画東京ゾンビではレコーディングに音楽プロデューサー/二見裕志の下、KIRIHITO&GROUPの竹久圏、KUJUNらのミュージシャンと共に参加。最近ではUPLINK FACTORYから発売された、映画『Rockers』の監督に寄る、フォトエッセイ『Rockers Diary』の書籍装丁等を手がけている。
http://www.dmoinc.net


平松昭子:イラストレーター&ドラマー

HAWAIISの上野よしみとGO GO 3のえのともえに誘われ、HONOLULU CHAINSAWのメンバーに。『In Red』で連載した漫画「おしゃれ着物道」が第13回文化庁メディア芸術祭ノミネート。現在、雑誌をメインに、毒気と愛らしさをかもし出すイラストやコミックエッセイを執筆中。「平松昭子の美活日記」(美STORY)、「和のスタイル」(新聞SANKEI EXPRESS)など、連載多数。水墨画や日舞を嗜み、着物を愛好する。上方流・吉村流の名取りでもある。
http://akikohiramatsu.com/

森脇和則

森脇和則
奈良県出身、大阪で育つ。中の島美術学院卒業。
デザイン事務所勤務を経て上京、草分け的な版画刷り師、木村希八氏のもとで働く。94年よりフリーランス・イラストレーターとして活動。ポートレイトを主にロック・ミュージックの誌面でも多くの仕事をする。「『イラストレーションというフィールドを踏みだすこと』というのが、ここ数年来のぼくの自然な欲求でした。それはまたロック・ミュージックを聴いてきたことからの影響でもあったと思います。そして作品は、ある種の矛盾を呑み込んだうえに成立するものだと感じます」

師岡とおる(more rock art all)

師岡とおる(more rock art all)
1972年東京生まれ。武蔵野美術大学 空間演出デザイン科卒。
グラフィック、漫画、刺しゅうといった、枠にはまらない表現スタイルで、『BRUTUS』『週刊文春』などの雑誌をはじめ、広告、装丁、CDジャケット、TVと、幅広く活躍する。週刊文春「カーなべ」では毎回異なるタッチのイラストレーションを展開し、R25「スーパー☆先輩JIN」では昭和風味の漫画を制作。また「m-flo」のCDジャケットや格闘技興行「DREAM」ではアメコミテイストのビジュアルを担当するなど、多彩なタッチで自在に表現する。雑誌『Tarzan』でコラムも連載中。
http://www.more-rock.jp

山下良平

山下良平(ヤマシタ リョウヘイ)
福岡生まれ。九州芸術工科大学卒。
「躍動」を一貫したテーマにビジュアル作品を制作。福岡でのストリートアート活動を経て、横浜を拠点にイラストレーターとなる。躍動感ある人体表現などを活かし、マガジンハウス「Tarzan」、(株)ナイキジャパンホームページ、(株)ハーレーダビッドソンジャパン等のビジュアル作成、そして2010年、市原隼人主演で大ヒットした映画「ボックス!」の原作小説(百田尚樹 著)の表紙イラストを手がける。「躍動」する作品世界を追求する彼は企業とのアートコラボレーションにも積極的に参加。2008年NIKEiD×digmeoutのコラボレーション「WAZZAWALL」初代アーティストに選ばれ、同年大阪で初個展を開催。2010年、自身のアートブランド「Like A Rolling Stone」を立ち上げ、アート作品の販売を開始。SONICART出演は今年で2回目。「自分にとって絵と音楽は切り離せない存在。サマーソニックという最高の舞台で絵が描けること、そのよろこびを感じながら2日間を楽しみたい」
http://www.illustmaster.com
■マリンサイドでライブペインティング!

かおかおパンダ(kaokaopanda)

平松昭子
札幌市生まれ。鎌倉市在住。
江ノ島電鉄100周年記念企画「看板アート」や、鎌倉市営プールの巨大な壁画を手掛ける等、海の近くにいくつもの壁画が存在する。グッズが全国で発売中。ライブペイントイベントや絵本の出版。子供達とのワークショップ、コンペの審査員など活躍の場を広げながら、定期的に個展を開催。太陽の光や海、風を感じて波乗りをしながら元気であかるい絵を描き続けている。
http://www.kaokaopanda.com/

MAGO(真護)

not available
「今あるアートワークの全ては新宿の路上で始まった。」
1984年生まれ、和紙に墨を使い美人画などのライブペイントを日本やNYで行っている画家。女性を描く特性を生かし服飾デザイナーも務める。福井ブランド大使として、福井県立恐竜博物館のARTPRを担当。8m×3.6mの越前和紙に「フクイラプトル」をライブペイント、その迫力ある水墨画は多数メディアに取り上げられ話題となった。
http://www.aurabymago.com/
■SONICARTステージMC担当

美甘子

美甘子
1982年愛媛県大三島生まれ。坂本龍馬など歴史上の人物をこよなく愛する、歴ドル(歴史アイドル)界の第一人者。合言葉は「歴っしゅ!」テレビ、雑誌などで歴ドルとして活動するほか、DJ、司会などマルチな活動で才能を発揮している。趣味は歴史上の人物のお墓参りと、昭和の香り漂う純喫茶めぐり。GSやフォークや歌謡曲が好き。卒論は「はっぴいえんど」新宿ロフトプラスワンなどで歴史トークイベントを主催。

●著書「龍馬はなぜあんなにモテたのか」(ベストブック)
●NHK高知「発進、龍馬伝」イメージキャラクター
●2010土佐・龍馬であい博PR大使
http://ameblo.jp/mikako426/

高橋良爾(Ryoji Takahashi)

高橋良爾
DJ/音楽家としてジャンルや媒体を問わず、数百曲に及ぶ楽曲/Remix提供を行なっている。もちろん、その中には「鈴木亜美/Amix word」でのRemix参加など有名な媒体が数多く含まれている。海外での活動も活発で2009年夏にリリースした自身の楽曲「Revolver」はイギリス国営放送「BBC Radio One」にて放送され話題となった。今年で三回目の出演となるSonicartではステージ司会とCM動画の音楽を担当している。
http://www.r135.net
■SONICART商品協力
リキテックス/バニーコルアート株式会社
シンロイヒ株式会社
クレサンジャパン株式会社
サンデーペイント株式会社
デザイン・フェスタ有限会社
株式会社タットム

ATTRACTIONSトップページ