• ラインナップ | 東京
  • ラインナップ | 大阪
  • Writers' Recommendations!!
TIMETABLE

Writers' Recommendations!!

LADY GAGA

話題性バツグン、絶対に超楽しめるガガのライヴ

 今年も見たいライヴばかりで、身体がいくつあっても足りないサマソニ09。その中でも絶対にみんなに見て欲しい1つが、レディー・ガガ。奇抜なファッションといった話題が先行しがちだけれど、「ジャスト・ダンス」「ポーカー・フェイス」と2曲連続で全米・全英第1位を獲得している上に、この6月8日にSHIBUYA-AXで行われたプレミアム・ライヴで、本物ぶりは実証されている。

 自らを、“音楽やファッションをシアトリカルに見せるパフォーミング・アーティスト”と名乗るガガ。曲を作る時点でパフォームする際の衣装もイメージしてしまうというし、アンダーグラウンドシーンで活躍している時もスモーク・マシーン付きのバッグを手作りし、自分でスモークを焚きながらパフォームしていたくらいのスゴイDIY精神の持ち主だ。

 昨今は「ポーカー・フェイス」で目隠しするようにサングラスをして鍵盤楽器を演奏するシーンが有名だけど、このサングラスも手作りで、しかも両目の部分にモニター映像が映るようになっていて、その映像は腰の部分につけたi-podから好きなものを流しているらしい。他にも、東急ハンズで売っているようなアクリルケースを刳り抜いてアクセサリーを作っていたり、派手さとかそういうことに関係なく、本当に自分がいいと思うものを取り入れて、心底オリジナリティであることにこだわっている。
 
 「私の仕事は、自分に喜びを運び、私のパフォーマンスを楽しんでくれるみんなをハッピーにすることなの!」と、話すガガ。デビュー・アルバム『The Fame』では、彼女が好きな70年代、80年代のディスコ・ミュージックをベースに、みんなが楽しめるパーティ・ミュージックを作り上げたという。そしてリスペクトするアーティストとしてフレディー・マーキュリー(クイーン)、デヴィッド・ボウイ、マドンナ、シンディ・ローパーの名前を挙げるが、それだけでもエンターテイナーとして“魅せるライヴ”を意識しているのが伝わってくると思う。

 もちろん今回も特製FILMを流す間に着替えがあるだろうし、パワフルなダンスも披露するはず。全世界でレディー・ガガ旋風を起こしているのに納得するほど、瞬きするのが惜しくなるくらい次々と楽しませてくれるハッピーなライヴになると思う。心配なのは東京公演での登場が8日(土)のMIDNIGHTSONICとあって、観客が集中して入場規制がかかってしまいそうなこと。絶対に早めに会場へ行ってほしい。あともう1つの心配事は、先日の取材中に、「ボーイフレンドの影響でAC/DC、ブラック・サバス、スレイヤーといったヘヴィ・ロックやメタル系ばかり聴いている」と話していたこと。でも、ガガが突然拳を突き上げても、それはそれで大歓迎だけどね(笑)。 サマソニ史上、伝説のライヴの1つになることは確実! 絶対に見てね!

(伊藤 なつみ)