• ラインナップ | 東京
  • ラインナップ | 大阪
  • Writers' Recommendations!!
TIMETABLE
GRIZZLY BEAR
  • Daniel Rossen(G)
  • Christopher Bear(B/Woodwinds/Electronics/Vo)
  • Ed Droste(G)
  • Chris Taylor(Ds/Vo)

GRIZZLY BEAR

元々はNY、ブルックリン在住のシンガーソングライター、エド・ドロストのソロ・プロジェクトとしてスタートしたグリズリー・ベア。04年にデビュー・アルバム『Horn of Plenty』をリリース。そのリリースと前後してドラマーのクリス・ベアーが加入。
以後、ベーシスト兼レコーディング・エンジニアも担当するマルチ・プレイヤー、クリス・テイラー、そしてシンガーソングライターでありギタリストでもあるダン・ロッセン (彼はデパートメント・オブ・イーグルスのメンバーとしても活動中)を迎え、現在の編成となる。06年にはワープ・レコーズとサインし、美しくレイヤーが重ねられたセンシティヴで幽玄なサウンドが印象的な2ndアルバム『イエロー・ハウス』をリリース。ピッチフォーク・メディアの年間ベスト・アルバム8位にランク・インしたのを始め、ニュー・インディー・スタンダードとして数多くのメディアに絶賛された本作によって、その評価を決定的なものとした。07年には自身の手による『イエロー・ハウス』収録曲のオルタネイト・バージョン、新録曲、またCSSやバンド・オブ・ホーセズ、アトラス・サウンドらによるグリズリー・ベアのカバーを収録した『Friend EP』をリリース。08年の夏には本格的に新作のレコーディングをスタート。その期間中、レディオヘッド直々の指名で彼らのUSツアーのオープニング・アクトも務め大きな話題となる。そしてファイストとの共演曲を収録したオムニバス『ダーク・ワズ・ザ・ナイト』のリリースを経て、傑作の呼び声も高い最新アルバム『ヴェッカーティメスト』を09年5月にリリース。そしてサマーソニックでいよいよ待望の初来日を果たす。