• ラインナップ | 東京
  • ラインナップ | 大阪
  • Writers' Recommendations!!
TIMETABLE
TAHITI 80
  • Xavier Boyer(Vo/G/Key/Piano/B)
  • Mederic Gontier(G/Vo/Key)
  • Sylvain Marchand(Ds/Percussion/Key/Piano)
  • Pedro Resende(B/Key/Programming/Percussion/Vo)

TAHITI 80

93年、フランスのノルマンディー地方で活動をスタート。
NYでレコーディングされたアルバム『Puzzle』は、プロデューサーにAndy Chaseを起用し、FOUNTAINS OF WAYNEのAndy、CARDINALSのEric Matthewsがゲストで参加するなど、デビュー作にして早くも特異なポップ人脈図を構築。
00年、時を同じくしてアメリカ、イギリス、そして日本とワールド・デビューが正式に決定。また、ライヴでのパフォーマンスでも高い評価を受け、デビュー作からすでに名盤化を果たした。
02年9月、2ndアルバム『Wallpaper For The Soul』をリリース。『Puzzle』で展開されたTAHITI 80ならではの世界観をさらに高め、その評価を不動のものとした。
05年2月3rdアルバム『Fosbury』をリリース。いわずと知れたTAHITI節はそのままにサウンドメイキングに関し、明らかにエレクトロニック方面の接近をあらわにした。同時にバンドの頭脳でもあるVo/GのXavierはTahiti 80のベーシスト、Pedro Resendeとともに他アーティストへのリミックス楽曲を提供するなどし、レンジの広い活動を開始。その後メンバーは個々の活動へと進む。中でもフロントマンであるXavierは、自身の名前の綴りのアナグラムの名義"Axe Riverboy"名義で、07年5月に初となるソロ・アルバム『Tu Tu To Tango』を発表。各方面から高い評価を得る結果となる。そして08年9月、4人それぞれの活動に一旦区切りをつけ、再び"TAHITI 80"という活動場所に戻り制作された4thアルバムが最新作『Activity Center』である。