THE LIVING END

THE LIVING END
Chris Cheney(Vo/G) Scott Owen(B/Vo)
Andy Strachan(Ds)

オーストラリアが誇る、実力派ロカビリー・パンク・バンド。結成間もない頃、GREENDAYのサポート・アクトというビッグ・チャンスを得て一気に知名度をあげ、98年1st『THE LIVING END』は素晴らしいヒットを記録。ロカビリーを根底においた爽快なパンク・サウンドと、ウッド・ベースをかき鳴らすパフォーマンスが話題となり、98年/99年と2年連続で米ワープド・ツアーに出演、99年には英国でレディング/リーズ・フェスティヴァルに出演するなど、その活動は世界に及ぶ。00年にはSUMMER SONICに出演、その後メンバーの交通事故、脱退などの不幸がバンドを襲い、一時は存続を危ぶまれるがファンの声援に応えて復活。03年にはSUMMER SONICに2度目の出演、06年にはPUNKSPRINGへの出演も果たすなど、ここ日本でも絶大な人気を誇っている。