SPIRITUALIZED

SPIRITUALIZED
Jason Pierce , Tom Edwards
Doggen , Thighpaulsandra
John Coxon

90年、英国ラグビーで、アートカレッジの同級生とともに、今や伝説的存在の「スペースメン3」の中心人物、Jason Pierceによって結成。91年に「LAZER GUIDED MELODIES」,93年に「FUCKED UP INSIDE」、95年に「PURE PHRASE」と、次々とアルバムをリリース。
そして97年、20世紀の音楽史に燦然と輝く傑作「宇宙遊泳(LADIES AND GENTLEMEN WE ARE FLOATING IN SPACE)」をリリース。管楽器や弦楽器、トレモロ等を多様し、早くもSpiritualizedの最高傑作と謳われるまでの代表的作品となり、97年度NMEのアルバム・オブ・ジ・イヤーを獲得。その他各方面で高い評価を得、大絶賛を浴びる。それから約4年の歳月を経て、スタジオ・アルバムとしては4作目となる「LET IT COME DOWN」をリリース。オーケストラの譜面もすべてPierceが担当するなど、ゴスペルのコーラス隊などを含めると参加アーティストは100人以上にもなる壮大なスケールの作品となった。02年1月には来日、15人編成で東京・大阪でライヴを行い、同年のフジロックフェスティバルに出演。03年に初のベスト盤 「The Complete Works Part 1」をリリース。そして10月に5th Album 「Amazing Grace」をリリース。そして08年リリースされた「The Songs in A&E」は、5年ぶりのリリースとなるスタジオアルバムである。Pierceが体の不調を訴えたのは05年6月、クイーン・エリザベス・ホールでPatti Smithと共演した日のことであり、次の日に、病の深刻さを知らされる。集中治療室での日々からインスパイアされた今作は、病床から復活して以降、初のリリースとなる。Pierceは、最近では日本では08年劇場公開となったハーモニー・コリン監督の映画「ミスター・ロンリー」のサウンドトラックを手がけるなど、幅広い分野での活躍が期待される。