アトラクション

SONICART
音楽とアートのコラボ“SONICART〜ソニッカート”が今年も登場!ARTISTS AND AUDIECEの熱き想い、熱きパワーをサマソニ会場内に再現!!

美術館や雑誌、ネットやDVDなど特別な場所でしか観賞できなかった素晴らしいアートの数々。
日本を代表するグラフィック・アーティストたちが、サマソニ東京を舞台に、ARTISTS AND AUDIENCEの熱き想いをいっぱいに受け、さまざまに表現します!

IMAITOONZ(a.k.a 今井トゥーンズ)

IMAITOONZ(a.k.a 今井トゥーンズ)1971年生まれ。多摩美術大学油画科卒、研究科修了。1995年MTV「TOP OF JAPAN」のオープニングキャラクターデザインを皮切りに今井トゥーンズとして活動開始。「C.C.レモン」のCMキャラクター、SEGA「ファイティング・バイパーズ2」のキャラクターなどの、スピード感あふれるポップなイラストレーションで一気に注目を浴びる。
NIKEプロモーションアニメ、ケンイシイPV、短編アニメなどの映像も製作。またIMAITOONZ名義で、AndA春夏コレクション/Tシャツ・ワンピースデザイン、Reebokとのコラボレートスニーカーデザインなどのデザインやライブペイント、漫画連載を手掛ける。どこかで見たことがあるようでいて、でも今まで存在しなかった、ジャンルも国境も越えた、“今”を切り取るポップな作風で立体作品やアニメーションにも進出し、国内外のアーティストにも大きな影響を及ぼしている。

OHGUSHI

OHGUSHI1977年生まれ。イラストレーター。 あらかじめ水を塗った和紙に、 墨や絵の具を含ませた筆で線を引く。 筆の動きを止 めると墨や絵の具の粒子は、 人為を越えた、美しい自然なにじみに姿を変えていく。
こうして描かれたエロティックで深みのある女性画は、海外でも注目され、フラン スのモード誌「TWILL」を飾った。 2004年には、世界の主要都市で発売されているフランスのモード誌「TWILL」にて日本人で唯一特集される。2005年、アート誌「+81」vol.28表紙、EMILIO PUCCIや建築デザイナー森田泰通とのコラボレーション、HELLO KITTY30周年記念展への出展など、旺盛な創作活動を続ける。N.Y ADC賞受賞(2005)。

http://www.ohgushi.jp/

かおかおパンダ

かおかおパンダ札幌市生まれ。鎌倉市在住。
江ノ島電鉄100周年記念企画「看板アート」や、鎌倉市営プールの巨大な壁画を手掛ける等、海の近くにいくつもの壁画が存在する。
グッズが全国で発売中。ライブペイントイベントや絵本の出版。子供達とのワークショップ、コンペの審査員など活躍の場を広げながら、定期的に個展を開催。太陽の光や海、風を感じて波乗りをしながら元気であかるい絵を描き続けている。

http://www.kaokaopanda.com

木村タカヒロ

木村タカヒロ1965年生まれ。セツ・モードセミナー卒。1989年、「イラストレーション」誌の第7回「ザ・チョイス大賞」を受賞し、翌年から、人間の顔面をメインモチーフにした独自のコラージュ作品を様々なメディアで発表。BSフジの大人気バラエティー番組「無意味良品」で手掛けたアニメキャラが「いい味だしてる〜」と評判を呼んだ木村タカヒロは、アーティストとしてのキャリアをスタートさせた当初から人間の顔面にこだわり、破った写真を再構成する独自のコラージュ作品で1000人の顔面を描くプロジェクト“顔破千顔斬り”を進行中。“顔面108面(ガンメンヒャクヤッツラ)”を披露。100号キャンバスに即興で顔面を描きまくる!!1999年、歌って踊るバーチャルタレント集団「キムスネイク」を誕生させる。コラージュを使用した斬新なアニメーションとなった。最近では、フジテレビで放送中の「ザ・ベストハウス123」のアニメーションを手がけるなど、さらに活動の幅を広げている。

http://www.faceful.org/

BLACK BELT JONES D.C

BLACK BELT JONES D.Cグラフィック、ペイント、ファッション等、様々な方法でデザインするデザイナー「コンドウコウジロウ」。
ブランド「rvddw(reversal)」ではディレクターとして格闘技に関するデザインを数多く手掛けている。
日本を代表するファンクパーティ「in BUSINESS」にライブペイントでレギュラー出演中。

http://www.myspace.com/bbjdc

サダヒロ カズノリ

サダヒロ カズノリ1969年生まれ。イラストレーター、グラフィックデザイナー、アーティスト。1992年 武蔵野美術大学 短期大学部 デザイン科 グラフィックデザイン専攻 卒業。学生時代よりイラストレーターとして活動し、JACA 日本イラストレーション展大賞を始めとし、多くの賞歴を持つ。主な仕事は、装丁、装画、ロゴデザイン、ディスプレイ、サイン計画など。これまで、スペイン、チェコ、ロシア、オーストラリア、カタール、バングラデシュ、インドネシア、マレーシア、中国、タイ、シンガポールなど海外展も多い。最近の主な仕事は、群馬県前橋市にある「ユナイテッドシネマ前橋」のグラフィックデザイン及びサイン計画。現在、武蔵野美術大学 造形学部 通信教育課程非常勤講師として、「絵本」と「イラストレーション」を教える。
●賞歴
1991  第5回 From A THE ART ペインティング&イラストレーション部門 - 大賞
1992 第1回 東京ガス リビング アート コンペティション - 大賞、第10回 JACA 日本イラストレーション展 - 大賞
1993 第6回 アジアン アート ビエンナーレ バングラデシュ 1993 - グランプリ
2004 ファッションドローイングビエンナーレ 2004 - 特別賞

http://www.sadahirokazunori.com

Shu-Thang Grafix

Shu-Thang Grafix1976年 東京造形大学卒。
雑誌や書籍、ポスターなどのイラストレーションを中心にパッケージ、ロゴデザイン等も手がける。
NHK『きよしとこの夜』オープニング、ジングル、セット内アートワー ク、フィギュア、ロゴ製作、みずほ銀行 宝くじスクラッチテレビCMイラスト、ホテルCLASKA:裏メニューグラフィック、真心ブラザース「DAZZLING SOUND」ジャケットアートワーク、abingdon boys schoolのCD、DVD等のジャケット、パッケージデザイン、ロゴ、イラストやグッズデザイン等を手がける。著書に『スマートモテリーマン講座』、『スマートモテリーマン講座 プレミアム』 (マガジンハウス)、『有得(ありえーる)』ソニーマガジンズ等。

http://www.shu-thang.com

白根ゆたんぽ

白根ゆたんぽ厚塗りで立体感のある独特のタッチと、くすくす笑いを誘うキャラクターの奥の深い魅力を世間にしらしめた、超売れっ子イラストレーター。POPEYE(マガジンハウス)コラムイラスト、鈴木おさむ「ブスの瞳に恋してる」コラムイラスト、野生時代(角川書店) 東野圭吾「夜明けの街で」トビライラスト、Jノベル(実業之日本社)  久間十義「黄金特急」挿絵、CONKA(NEXT)「混浴ミセルンダー」、多種多様な雑誌でのイラスト連載、アート誌「イラストレーション」(玄光社)でコンペ「ザ・チョイス」の審査員などで活躍中。厚塗りで立体感のある独特のタッチと、くすくす笑いを誘うキャラクターの魅力を世間にしらしめた。実はSONICARTの中でも一番ロック魂秘めた!!白根ゆたんぽ。2005年からは、「YUTOONZ」名義で今井トゥーンズとのコラボ展を開催。

http://www009.upp.so-net.ne.jp/yuroom/

高橋信雅

高橋信雅1973年生まれ。1995年、桑沢デザイン研究所リビングデザイン科卒業。東京板橋のアトリエ「ばあちゃんハウス」から世界に向けて発信しているアーティスト/ イラストレーター。確かな技術にうらづけされる彼の作品は時に儚く、懐かしい絵があるかと思えばコミカルで ポップな絵が登場したり、まさに変幻自在!さまざまな素材を混合する手法「ミクストメディア画法」を用いるマチエルマニアで、絵の具の混ざり具合などに出る表情、絵を描くための素材となる模様「マチエル」を研究。年に一度、マチエルを仕掛けにのせて、独自のコンセプトを個展にて発表、シリーズ化。具象画を好んで描く絵描きで、その線は日本では「洋」を、海外では「和」を感じるそんな「和洋折衷」な位置での作品を作り出している。

SONICARTで展開している「JAPANESE GRAFFITI」 シリーズは、2006年個展「JAPANESE GRAFFITI」(中目黒SPACEFORCE)にて正式発表されたインスタレーション作品シリーズ。観客とのコミュニケーションや話、リクエストを常に作品に取り込み、「現在」というものを常に吸収し続けることを重視。大前提に「コンセプト」を置き、「現在」を取り込み変化を続ける作品を、ライブペインティングという形で公開しながら仕上げている。その独特なスタイルから、ライブ以外にも各方面で活動。2007年9月に1年半をかけて完成させた富士山の麓、河口湖の美術館(現:河口湖 北原ミュージアム)階段ホールに制作した高さ6m幅22mの巨大壁画作品「AGMK × JAPANESE GRAFFITI」を期に現在、マイクロソフト社「ZUNE original」への参加、NewYorkで行われたプレスパーティにメインゲストで招待されライブ。NewYorkセントラルパークで行われた日本領事館主宰のJAPANDAY公式アーティストなど、海外への展開を始めている。日本でも六本木 国立新美術館 ミュージアムショップSFTや、現在手がけている大阪西梅田のブリーゼタワー(2008年10月オープン)の壁画など、様々な場所で展開中。

http://www.bamboolove.com

Ly

Ly1981年東京生まれ。彼女の内面世界に登場するキャラクター達が織りなす景色を、連鎖的に構築して絵画として表現しているアーティスト。
角の生えた奇妙な生き物や男性器を携えたクリーチャー、生まれては増殖してゆっくりと消去っていく儚い世界観が特徴。
一見すると、まずは本人の死生観や性的な世界観が見て取れるが、さらには現代社会に蔓延するディスコミュニケーションや 性差などのボーダーを、マージナルに行き来することへの憧れなど。
作品からは隠されたメッセージが散見できる。彼女の手から放たれる黒と白の世界は必見。
新国立美術館 SFT GALLERYでのグループ展 "TOKYO"や新世紀エヴァンゲリオン放映10周年記念企画 ”exhibition EVA AT WORK”、gallery POINTでの個展”ワールズエンド.”、コンテンポラリーアートフェア"101TOKYO"、ラフォーレ原宿での10Mにもおよぶ壁画など日本だけでなく海外での人気も高い注目の女性アーティスト。

http://www.ly-m.net/



SONICART WEB 協力
REALTOKYO
ART iT