JUJU

JUJU

12歳の頃よりJAZZ SINGERを志し、京都にて音楽活動を重ねるも18歳で単身渡米。
NYにて著名JAZZ MUSICIANとのライブを重ねる。世界の音楽の中心で、JAZZはもとよりR&B、HIP HOP、SOUL、LATIN、HOUSEといったNYサウンドを咀嚼して生み出す独自性を確立。
その活動がストリートでの噂となり2001年よりfeaturing等で参加した作品は、既に10作品を数える。その間に、窪塚洋介主演映画「凶器の桜」の主題歌をも提供。まさに「知る人ぞ知る・・」存在にすでに成りえていた。そしてfeaturing作品を発表した直後から日本国内のほぼ全てのメジャーレーベルよりデビューのオファーを受けたが、自らの音楽性の追求の為、焦ることなくさらに2年近くNYにて自らの活動のみを継続。そして満を持して2004.8.25にシングル曲「光の中へ」でデビュー。圧倒的な歌唱力で、FMにて話題に。さらに2004.11.26に2ndシングル「Cravin'」をリリース。エッジフルなファンクグルーヴは、女性ヴォーカルシーンの中で異彩を放った。
2005年3月には、綾瀬はるか、石原さとみ、小雪等がキャスティングされた映画「Jam Films S」の主題歌に「Come,Fly With Me」が抜擢される。また2005年からはNYでの音楽制作活動に平行して、日本でのライブ活動もスタート。
2005年7月には、目黒ブルース・アレー・ジャパンにて日本での初ライブを行い、大喝采を浴びた。
2006年11月22日、約2年ぶりとなるシングル「奇跡を望むなら...」をリリース!!!
SUBARU 「レガシィ アウトバック」TVCMイメージソング、テレビ東京系 ドラマ24「クピドの悪戯 虹玉」エンディングテーマのダブルタイアップとなったこの楽曲は、USENでの問いあわせ、リクエストを徐々に伸ばし、ついに2007年1月17日付けのUSEN総合チャートにて1位を獲得。
2007年6月に、その「奇跡を望むなら…」、新曲バラード、洋楽カヴァー曲、さらに2004年のデビュー時にリリースした2曲を含む8曲入りミニ・アルバムをリリース予定。
また、NYでは、ストリートブランドのマネージャーを現在も務め、2007年には自身のブランドもスタートしている。

このウィンドウを閉じる