<font color=#990066 style=font-size:11px;>OPENING ACT</font> THE JETZEJOHNSON

OPENING ACT THE JETZEJOHNSON

正式名称は「THE JETZEJOHNSON(全て大文字表記)」または「ザ・ジェッジジョンソン」。
90年代に結成。メンバーチェンジを繰り返し現在の構成に至る。90年代後半から関東を中心にライヴ活動を精力的に行いつつ、自主制作とは思えない程クオリティの高いアルバムを制作するなどインディーズ界で話題を集めだす。2004年になって大手インディーズレーベルと契約し本格的な制作活動とライヴ活動に着手。2004年発売のアルバム「デプス・オブ・レイヤーズ・ダウナー」はカナダのカレッジチャートFMで2位にランクインするなど、海外で通用する実力を見せる。
大衆的な宣伝活動や雑誌への露出を行わない事でも有名で、その精神性と高水準の楽曲クオリティも相成って多くの同年代のアーティスト・業界から支持され、インディーズに於いて無二の存在感を放つ「影の実力派」と評される。
メンバー構成は池橋(ギター・ヴォーカル)、中沢(ベースライン)、藤戸(ギター・ヴォーカル・プログラミング)の三人編成に、ライヴ時はVJとゲストドラマーが参加する構成となっている。

このウィンドウを閉じる