NEWS
8/13(sun) MARINE STAGE
MY CHEMICAL ROMANCE




















黒ずくめの衣装に、深い闇を思わせる長めの黒髪。これまでのマイ・ケミカル・ロマンスのイメージは、フロントマンであるジェラルド・ウェイの容姿を見る限り、若いながらに気難しそうな雰囲気を醸し出すバンドだった。が、MARINE STAGEに姿を見せた彼の頭は、短く爽やかにカットされ、おまけに目にも鮮やかな金髪となり、大胆にイメージ・チェンジ。「愛してるぜ、東京―!」という叫びから始まり、そして短髪になったことで笑顔が見やすくなり、親しみやすさが大幅にアップ。が、サウンドの重厚さ、そしてパフォーマンスの凶暴性が収束に向かう気配はまるでなし。ゴリゴリしたギター、空気を切り裂くようなドラム、腹の底まで響くベース、それにかぶさるシャウト交じりのヴォーカルとが、より一層激しさを増しているかのように思えた。楽曲前のコール&レスポンスも多く、興奮の絶頂に達したモッシュ・ピットではグルグル回る人たちが続出。が、しっとりとした名曲「The Ghost Of You」では、メンバーの指揮の下、集まったすべての人の腕がゆるやかに左右へと振られ、激しさの中にもじっくり聴かせるナンバーも盛り込み、メリハリのついたセットで、彼らがライヴ猛者であることを改めて印象付けて去っていった。

Copyright (C) 2006 SUMMER SONIC 事務局
NEWS TOP