当日券(前売り券よりも1,000円アップ)は、朝9:00から1日券のみの発売。

 8月5日のコンロッカーの状況は、午後3時過ぎ時点でも、まだ空きがあります。しかし、6日は前日よりも入場者の方が多いため、ご利用を考えていらっしゃる方はなるべくお早めに確保してください。

 場内はキレイに!

 開場と同時にロッカーへ?

 荷物がない人はのんびり。

 オープニングMCは、春一番。やっぱりアレをやってくれました。そう、みんなのお約束の「1-2-3-DAH ! 」 

 記念すべきトップバッターはMUSE。今年レディングでサブ・ステージのトリを、こんな早い時間に拝めるなんて!

 夏だ!、REEFだ!!、サマソニだ!!! ステージから降りて観客席に突っ込む期待通りのパフォーマンスにファンも満足。

 レディオヘッドからサポートの御指名を受けたアイスランド出身のシガー・ロス。

 おっ、サイン会の告知を発見! 参加メンバーは1日5アーティストを予定。

 英国ナショナル・チャートNo.1になったコルード・プレイのサイン会の模様。

 ヒートアップしたstage-1場内の各ブロックを放水でクール・ダウン。いくら高地で涼しいとはいえ、大好きなアーティストを目の前にしたら。やっぱり水の恵みが欲しい。

 その放水後に登場した311。アリーナ・クラスの大会場でライヴをやっているだけのことはあって、見せ場も忘れずにきっちり作れる。さすがだ。

 クリエイティブマン・テント内にあるチケット・コーナー。あのチケットが若干数販売されていて本当に震えながら涙を流してしまった方もいました。

 遂に復活したアレステッド・ディヴェロップメント。やっぱり、あの人が椅子に座ってました。

 stage-2からstage-1の間の陸橋から富士山が見える。夕方になって雲行きが怪しくなってきた。

 ジェイムス・ブラウンが終わった後のセット・チェンジ中に夕立。しかし、ジョン・スペンサーの登場で雨がピタリと止んだ。